Page: 2/77  << >>
市債残高状況近隣市との比較

本郷谷市長が市長就任した平成22年度から市債残高の増加は顕著です。

 

平成28年3月私が代表質問に登壇した際、一般会計での市債の限度額について伺ったところ、過去最大であった平成8年の約1463億円あたりが一般会計の市債残高の上限と考えているとの答弁がありました。

 

一般会計の市債残高平成30年度末には約1200億を超える見込みですでにその過去最大値に近づきつつあります。

 

誰もが疑問をぬぐえないのが、松戸駅周辺まちづくり構想、矢切観光拠点整備、新松戸駅東側区画整理、千駄堀新駅周辺開発、東松戸65街区、など多額の予算を伴う大規模開発事業計画の財源はどうするのか?事業費不足が発生するのではないか?という懸念です。

 

松戸市の公共施設白書・松戸市公共施設再編整備基本方針によると、現在の公共施設をすべて大規模修繕・建替えを実施していく場合、今後60年間の平均で毎年約75億円の一般財源が必要になります。

 

大規模修繕と建替えに充てることが可能な一般財源を過去の支出額の平均から毎年度57億円と仮定すると、平成34年度以降は57億円を上回る費用が発生することとなり、財源不足が生じる見込みです。

 

今後、民間のノウハウの活用とコスト縮減、適切な利用料金の徴収やサービス対象人口の動向に応じた施設規模の見直しを行うにしても財源不足が発生することは火を見るより明らかです。

 

平成21年度〜28年度末で近隣市の市債残高を比較しても千葉市が約313億円の減、市川市が約147億円の減、柏市が約217億円の減と船橋市以外は市債を減少させています。

 

財政状況を鑑み、優先順位を決め、後年度負担を極力抑えたまちづくりや市政運営が求められています。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
北千葉道路・都市計画道路3・3・7号線の事業スケジュールについて

 

以前より議会で指摘をしてきましたが、東京外かく環状道路、北千葉道路、都市計画道路3・3・7号と広域的な道路ネットワークの整備によって機能分担が図られ、交通の分散による交通渋滞の緩和、移動や輸送の時間短縮に寄与します。

 

また、周辺地域においては、沿道環境の改善、生活道路における交通事故の減少による安全性の向上等の効果も期待されます。

 

未開通区間が開通すれば、成田、羽田両空港のアクセスが今まで以上によくなり、そこに都市計画道路3・3・7号を接続することによって周辺地区だけではなく東部地区の価値が高まり、工場・企業なども流入し、民間投資、雇用を呼び込むことが期待できます。人、モノの流れが活性化し、松戸市経済への影響は計り知れません。

 

現在まで、北千葉道路に関しては事業化に向けて、県がアセスメント及び都市計画変更の手続きに着手したとのこと。

 

また都市計画道路3・3・7号、河原塚、紙敷区間については、3月末日には事業認可が取得見込み、その後6月に関連4町会や地権者への事業説明会が行われ、最終的には道路用地の買収に着手することとなっています。

 

地域の長年の懸案が一歩前に進むことに少しほっとしています。

 

さて、平成30年度予算案には図書館東部分館を地域館として移転・規模拡大、支所機能の移転による行政効率の向上などを目的として、東松戸駅前周辺の旧65街区を平成30〜平成36年度までの債務負担行為1,127,772,000円で整備する予算も計上されていました。

 

以前旧66街区を民間に売却した際は坪単価が約75万円でした。ところが今回旧65街区の売却の坪単価は約30万円です。

 

確かに旧65街区は道路一本挟んで、都市計画の用途地域が異なりますが、用途地域が異なるだけで1坪40万円以上の違いがあることには驚きを隠せなかったのと同時に、今回のプロポーザルの競争性について疑問を呈さずにはいられませんでした。

 

地元のことですし、駅周辺への支所機能移転については私も再三議会で取り上げていましたので、非常に悩みましたが、 ここはいったん立ち止まるべきだと考え、この部分の予算を修正削除いたしました。

 

これから北千葉道路と都市計画道路3・3・7号が建設されることにより、土地利用の可能性はますます広がります。市内地域で唯一人口及び総人口密度が増加傾向なのが東部地域です。

 

公共施設再編の観点からも今一度振り出しに戻し、時代や人口増に合った都市計画へ変更し、そのことを平成33年度からスタートする新たな都市計画マスタープランにしっかりと位置づけてから事業を進めるべきです。

 

さらには従前から議会で指摘してきた通り、厳しい財政状況を鑑みたとき、東松戸周辺という「点」ではなく、現在の東部支所や東部クリーンセンター、東部消防署などが集中して設置されている地区や、URによる梨香台団地を中心とする地域の2地区の今後、マンションが多数建設され、人口が増え続けている秋山駅やその周辺の地区、大橋や和名ヶ谷・河原塚など東部地区の端にある地区の地域課題なども含めた広く「面」での今後のまちづくりや行政課題を戦略的に考察すべきとも考えます。

 

具体的には北千葉道路周辺の調整区域をどうしていくかなどの検討。さらには東部消防署に関しては、災害対応力を高めるという観点から、計画道路3・3・7号、北千葉道路の整備の進捗に合わせ、罹患距離を考察したうえで、東松戸駅周辺への移転を考えられないかなどの検討をすべきです。

 

加えて、現在東部支所や東部クリーンセンター、東部消防署などが集中して設置されている地区においては、支所機能・図書館機能・消防署機能の移転の代替として、高齢化が進む梨香台団地周辺の地区から市民センター機能を移し、市民センターとスポーツパークや会議スペース・子育て施設などの複合的な施設の整備が図れないのかなど検討もすべきです。

 

さて、現在は梨香台団地の中に東部市民センターがありますが、支所管区や行政効率性を鑑みたときに本来、市川に近い梨香台団地に『東部地区』としての市民センターがあるべきなのでしょうか?私は梨香台団地に関しては周辺地区も含めた形での再開発の検討を「今」まさに行うべきだと考えています。

 

昭和50年にURの管理開始となった梨香台団地も建設から約40年が経過、高齢化が進み、団地内は空き室・空き店舗が多くなっています。今、梨香台団地と東松戸病院近辺も含めた高塚・梨香台周辺地区の再開発や、まちづくりの話をスタートさせなければ、現在の常盤平団地・その周辺地区のように後手後手となってしまいます。

 

今再開発の話を初めても、実行までには間違いなく10年・20年はかかります。すなわち梨香台団地の管理開始から約50年・60年経過するわけであり、当然老朽化や高齢化は現在よりひどくなります。

 

幸いなことに平成30年度までのURの方針を示した「UR賃貸住宅ストック再生・再編方針」においては、小金原・常盤平団地と多くがストック活用であるのに対して、梨香台団地は「集約化の上・団地再生」という位置づけとなっています。

 

今こそ、梨香台団地・さらには同地区の再開発・再生専任の窓口を市役所内部に設置し、団地のみならず、梨香台周辺地区の再開発のために、URをサポートしつつ、共にまちづくりの検討を行うべきだと考えます。そして、そのことが、結果として、常盤平団地、小金原団地周辺地区の再編・再開発への指針にもなると確信しています。

 

いずれにせよ東松戸駅周辺、東部支所や東部クリーンセンター、東部消防署などが集中して設置されている地区、URによる梨香台団地を中心とする地区と3拠点を核としつつ、北千葉道路・計画道路3・3・7号などの幹線道路の整備計画を見据えながら、東部地区の現状分析、課題の整理を行い、全庁的な取り組み体制を構築しながら、国、県、関係機関と協議を重ね、総合的な視点にたった、今後のまちづくりを進めるべきです。 今後も議会でしっかりと意見を伝えて参ります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リーダーの政治決断について〜サッチャーの言葉を借りて

If you just set out to be liked, you would be prepared to compromise on anything at any time and you would achieve nothing.

 

英国初の女性首相であり強硬な性格から鉄の女と呼ばれたサッチャー首相の言葉です。

 

「好かれようとしているだけなら、いつでも何でも妥協する用意があり、何も達成しないだろう。」という意味になります。

 

3月定例会では市政における多種多様の問題解決に当たって、何を基準に物事を考え、どんな思いで市政運営にのぞんできたのか、また、今までに成した政治判断、決断についてどう思っているのか市長に問いました。

 

本郷谷市長の答弁では解決すべき課題の例として、新たな「松戸の顔」となるいわゆる新拠点ゾーン整備構想について一定の道筋をつけてゆくことが課せられた使命だと述べられました。

 

しかし、であるならば新市庁舎建設を含めた松戸駅周辺まちづくりでいったいいくらかかるのかをハッキリと市民に示したうえで事業を進めていくべきです。

 

思い返してみれば、市長は最初の選挙で「新市立病院は現地建替え64億円で可能、東松戸に建設予定であった病院の差額を子育て支援策などに回す」などと公約していました。 8年後、実際は、新病院は千駄堀に移転、建設費は200億円を超えました。

 

この病院建設議論の過程でも、自身の公約の帳尻をあわせるために病院建替計画検討委員会、今となっては懐かしい構想8案の提案、議会からはその額では無理だろうと言われた早く安く約150億円での建設費の提案、その後、やはり建設費が足りなくなり建設費はさらに40億円以上増え、結果として東松戸に建設するより高額になりました。

 

病院建設を決断する際にも、再三我が会派が現地の売却が前提と言い続けてきましたが、病院運営審議会を立ち上げ、昨年ようやく現地の「売却が妥当」と答申が出たにもかかわらず、現時点で売却の決定がされておらず、空になった病院を維持するために約6,000万円が必要となり、年間の維持費が約4,000万円かかり続ける事態になっています。

 

何かと外部委員会を設置し、そのたびに時間と税金を浪費してきました。本来であれば、勇気をもった決断で進めていれば必要のないコストであったはずです。

 

昨年9月議会での伊勢丹支援策の提案も、賃料の坪単価月額約28,000円で公共施設を借りるとの提案でしたが、今回の予算案に計上された旅券事務所を同じ場所に借りるという家賃は、説明によると、半分以下の坪単価月額12,960円とのことです。あの案はいったいなんだったのでしょうか。

 

こんな提案ではとても市民の納得が得られないと判断し、本当に責任感をもって伊勢丹と交渉していれば、他にやりようもあったのではないでしょうか。

 

If you just set out to be liked, you would be prepared to compromise on anything at any time and you would achieve nothing.

 

最近感じること・・・市長というのは本当に大きな権限を持っています。だからこそ時には嫌われる勇気を持って決断をして欲しいものです。

 

でないと・・・松戸市が夕張になっちゃいますよ。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
見上げれば、春が舞う〜国分川さくら祭り

 

暖かくなってまいりました。 議会も終わり、少し時間ができたので子供たちと霊園をお散歩。

 

霊園の桜も7分咲きとなり(花粉さえ飛んでいなければ・汗)本当に気持ちのよい日が続いています。

 

さて4月1日(日)国分川桜並木の区間で第一回国分川さくら祭りが開催されます。 議会・さくら祭りの準備と息つく暇もありませんが何とか大会副会長として成功させたいと思っています。

 

当日はハイボールを売りながら飲んでます(どちらかというと飲むのがメインだと思います・笑)。

 

ちょうど桜も見ごろだと思いますので是非ご家族でお立ち寄りください。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みらいフェスタ〜こどもたちの未来のために

 

先日市長選挙、市議会議員選挙前最後のH30年度予算案審議もある3月定例会が終わりました。

 

いくつかの事業を修正削除する修正予算の可決となりました。

 

一般会計市債残高はH30年度末で約1,200億円を超える想定です。H22本郷谷市長誕生から約300億円も借金が増えています。

 

子供たちの未来を考えた時、あれもこれもと大型事業を計画し、実施する余裕が本市にあるとは思えません。

 

財政状況を鑑み、優先順位を決め、後年度負担を極力抑えたまちづくりや市政運営が求められています。

 

『こどもはみらい』負の遺産を残してはなりません。

 

松戸駅ではみらいフェスタが行われ多くの人で賑わっていました。僕は車椅子レクダンスでブースを出店!ステージでのパフォーマンスも大成功。立ち寄っていただいた皆様本当にありがとうございました!

 

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり

先日は地元河原塚中学校の卒業式でした。議会や国分川さくら祭りの準備に追われています。

 

「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」孟子の言葉です。

 

維新の立役者でもある吉田松陰がことがあるにつけ松下村塾の塾生たちに言っていた言葉です。

 

彼は貧しい下級武士の出でした。読み書きは畑仕事をしながら覚えたそうです。しかし毛利家の師範をしていた吉田家当主がなくなり養子にはいりました。そしてメキメキ頭角を現します。

 

師範をしながらほとんど脱藩に近い形で国をぬけ、東北を巡業。当時の赤蝦夷・・・今のロシアの脅威を漁民たちの声をききながら経験として学びました。

 

また有名な話としては黒船に単身乗り込んだことでしょうか。当然牢獄に入れられるわけですが、そこで官士たちさえ啓蒙し、最終的には多くの人が獄中の講義を聞きに来たと言います。

 

今の市長の元市債残高は増え続け、ピーク時の平成8年1436億円に近づいています。 にもかかわらず、松戸駅周辺まちづくり構想、矢切観光拠点整備、新松戸駅東側区画整理、千駄堀新駅周辺開発、東松戸65街区、などなど多額の予算を伴う大規模開発を次々と計画しています。

 

また、それぞれの着手見込みと優先順位、事業期間、事業費総額について、毎年議会で問うても未だに答られておりません。 あれもこれも夢を語るのではなく、市民が正しく判断できるように現実的な数字を示さなければ将来世代に対して無責任です。

 

今後予定されている大型事業の総額も示さず、優先順位も決めず、夢ばかり語り、金をばらまく政治で松戸市の未来は本当に大丈夫でしょうか?

 

「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」これは誠の誠意をもって接したり、伝えれば必ず人・社会は動くという意味です。

 

市民の皆さんにはイメージではなく、曇りなき眼で市政を見つめてほしいと切に願います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
安心して暮らせるまちを目指して

代表質問。 会派若手メンバーで協力。田居幹事長を支えきれたと思います。市長にそして執行部に、いい指摘ができたのではと思ってます。

 

今日は帰宅後、春の火災予防運動。河原塚町内を警戒。途中パトランメンバー麓さんに会う。代表質問でも、安心、安全の実現については質問いたしました。

 

例えば県の当初予算では昨年3月に起きた松戸市小3女児殺害事件などを受け、防犯体制強化に力を入れるとしています。こういった動きとどう連携していくのか?さらには自主的に活動する防犯団体に対してもっと積極支援をすべきだと言及。

 

防犯という意味では、昨年はろくなことが起きなかった松戸市ですから。共働きNo.1に浮かれてる場合じゃないですよ〜🐱。

 

火災予防運動から帰宅後嬉しいことが!本当に久々に購入したCD。アムロちゃんのベスト届いた〜🐱はぁ〜癒されたいっ‼

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
三月議会が始まりました。

 

三月議会が始まりました。施政方針演説、教育施策方針演説が行われ、これから平成30年度の松戸市の施策や予算などが議論されます。

 

昨日は所属する健康福祉常任委員会でした。

 

昨年の総務財務常任委員会から議論が継続されてきましたが、健康福祉会館を買い取る契約に関する審議が行われました。 20年間で50億円以上支払ってきた賃料、高額な買取り金額、何より以前より再三議会で指摘があったにも関わらず後手後手の対応。こういったことに対してしっかりと反省をしていただくことを厳しく伝えたうえで、現在の利用者や今後の発展的利用の可能性も鑑み、買取りに賛成いたしました。

 

今後は健康福祉部・福祉長寿部・総合政策部など部課を越えて連携し、市民の理解を得るためにさらなる発展的活用を検討してただくこと、さらには本市諸計画の中にしっかりとこの施設を位置づけさらなる市民福祉の向上にのために健康福祉会館を活用していただきたいと思います。

 

議会後、河原塚小学校で地域防災会議に出席。地域の皆さんの中で自助の意識が向上していることを実感。 写真は松龍寺参道。河津桜がきれいに花開いています。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
出ては消えて・・・千駄堀新駅構想

昔から出ては消えてを繰り返していた千駄堀新駅構想。

 

連日の報道でご存知の通り本決まりになりつつあるようです。 戦略的新駅ということでJRに提案。新駅周辺は商業地域、大型マンションの建設や宅地造成で約2万人の定住を想定しているとのこと。

 

21世紀森の広場、西部図書館(県からの払い下げをどうするのか問題は残りますが)、博物館や森のホール、芸術系の大学の誘致などなど・・・開発によって同地区を文化・芸術の拠点とし、松戸市の活性化の呼び水にする方向に異論はありませんが、はたして一体予算はいくらかかるのでしょうか?

 

やらなければならないことと、やるべきことは違います。

 

優先順位はどの部署で決定しているのでしょうか?

 

少し心配です。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 14:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
レッツらまぜまぜ!ペコリン弁当♪

 

先日は終日福祉長寿部の各課の監査でした。公金が適性に使われているかだけではなく、地域包括ケアシステムの強化が言われるなか、健康福祉部との連繋がとれているかなどの視点から監査にあたらせていただきました。

 

娘の保育園の卒園旅行。葛西臨海公園に。ハグたん弁当は難しかったので一代前のプリキュアのペコリン弁当にしました。

 

満足してくれたようです!

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode