Entry: main  << >>
コロナカ町会危機一髪!!

その日突然「曽曽曽・・・祖父さんの時は家の土地だった」と家の庭に銃を持った男が居座った。

 

警察に相談しようにもその銃を持った男にうつされた病気で来れないとのこと。

 

実は私の子供たちもその奇病によって療養している。

 

私は最初やんわりと「ここは家の敷地ですから出て行ってください」と伝え、気味が悪いので家に戻って窓越しに眺めているとその男はしばらく居座り続けていたが帰ったようだ。

 

男がいなくなった時を見計らって、妻がプランターのミニトマトの収穫をしていた。

 

しかし、すぐさま銃を持った男が再度侵入してきて泣き叫ぶ妻を銃を持って追い回す。

 

さすがに怒った私が「我が家の庭で何をしてるんだ!」と伝えたらなんと逆に

 

「俺の土地で勝手にミニトマトをとってたからだ!お前こそ早くこの土地から出ていけ!」逆に切れられた・・・。

 

警察は銃を持って侵入した男にうつされた奇病によってきてくれない…。

 

我が家はどうするべきなのか…。

 

子供たちの未来はどうなるのだろうか…。

 

悩んだ私は電話で町会長に相談した。

 

しかし、町会長は疲弊し対応できないと言ってきた。

 

銃を持った男がまき散らした奇病が町会内にも蔓延して対応に追われているのと、予算をチェックする監査との癒着を町会員から糾弾され身動きがとれないとのこと。

 

監査の定年延長を含む町会役員の定年延長を総会の議題として提出したところ、監査が独立していないと健全な町会の運営が成り立たないと、町会員から非難の声があがってその対応に追われているというのだ。

 

その監査は町会のずさんな予算の使い方に対して最近も厳しい意見を言っていた。

 

監査と町会長は癒着しているようにはとても思えない。

 

しかも監査を含む町会役員の定年延長は、高齢化が進む我が町会において喫緊の課題で、糾弾している町会員たちも長年要望していたことだった。

 

ただ「奇病をまき散らしている男が、何人かの町会員にお金を配って煽動しているらしい…」と心ある町会員から耳にした。

 

その煽動によって町会長が身動きがとれないようにして自分の好きなことをしていると言うのだ。

 

そういえば隣の町会でも銃を持った男は同じことをやっていたと以前から聞いていた。

 

正直眉唾だろとばかにしていたし、隣の町会だから関係ないと思って見ないふりをしてたのだ。

 

語るのもおぞましいが、隣の町会のある世帯では突然奴が銃を突きつけて「ここはひいひい…爺さんの時代にはうちの土地だった」と難癖をつけて占拠したらしい。

 

その家族の奥さんと娘さんは陵辱され、弄ばれ、でも旦那さんは銃を突きつけられ、脅され、思想教育をされ、生きたまま臓器売買されて亡くなった。

 

警察がその町会付近からとある事情により退去してたら誰も助けてはくれなかった。

 

それをいいことに銃を持った男は自警団を組織し、隣の町会中に防犯カメラを設置、男の悪口を言う少しでも人を徹底的に取り締まり、弾圧するようになっていたのだ。

 

そんな噂を聞いても「どうせ他の町会のことで、うちの町会には関係ないから…」と安易に考えてたことが今さらながら悔やまれる。

 

続く。 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 05:49 | comments(0) | - | - | - |
Comment










やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode