Entry: main  << >>
次世代ガバメント~インターネット空間に「公道」を

 

尊敬する方より薦められて購入した次世代ガバメントをやっと読了。

 

行政ニーズが多様化・複雑化しつつも、逆にコスト減も求められる厳しい状況で、どのように受益者である市民の効用を高めていくのか。

 

以前からの「大きい政府」「小さい政府」の議論も結局誰かを排除することにはかわりがなかったと著者は言います。

 

そして、これからの行政府、公共サービスのあり方は「サービスは極大」だけど「行政機能は極小」というあり方を目指すべきであり、その鍵になるのがデジタルテクノロジーだとも言及しています。

 

すなわち、誰もが排除されることのない、自分の生きたいように生きれる社会になることを目的に、新たな行政のOS(オペレーションシステム)を構築すべきであり、そのためには現在の民間と行政府がデジタル空間で分離されている状況をつなぐための、デジタルインフラを行政が作る必要があると。

 

今のインターネット空間は例えるならすべて「私道」。そこにしっかりとした「公道」を整備する必要があるというのが、ガバナンスイノベーション。

 

慧眼ではありますが、よく考えたら何年も前、一期目の時、ホームページをパーソナライズ化すべきだみたいなことを議会で発言した覚えがあります。

 

市民1人1人にログインナンバー(マイナンバーでいいと思いますが…)を付与して、年齢性別など個人情報から、結婚、出産、入学、引っ越し、介護などなど…その人それぞれに合わせた行政情報が提供される(そんな技術は数年前から当たり前のようにあります)、市民一人ひとりのライフイベントに適したパーソナライズ化されたHPにすべきだみたいなことを言ったような…。 HPというよりは、SNSに近いんでしょうが。

 

当然できれば行政コスト、人員も削減できて、煩わしい行政手続きや何件も担当課を回るようなこともなくなります。

 

いずれにせよ、ソーシャルディスタンスに気を使わざるをえない現状、社会が望む望まざるに関わらず、オンライン化やデジタル化が進んでしまうでしょう。

 

そんなコロナ禍でまさに今読むべき本だと思いました。非常に勉強になりました。 行政、議会に関わる方は是非オススメの一冊です。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 06:30 | comments(0) | - | - | - |
Comment










やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode