Entry: main  << >>
本市施策効果の向上を目指して〜ナッジの導入について

 

市民ニーズの多様化・高度化が進むなか、政策実行にあたっては限られた資源から最大限のアウトプットを生み出すことの重要性がますます高まっています。

 

「ナッジ(nudge)」とは、もともとの意味は「そっと後押しする」ということであり、選択肢の制限や経済的なインセンティブを大きく変えることなく、自分自身にとってより良い選択ができるように人々を手助けする、 個人の意思決定の自由を尊重しながら、少ない財政コストで、社会的により良い選択を促すことができる、行動経済学の知見を用いた手法の1つであります。

 

ナッジは、環境・エネルギー、健康・医療、教育、徴税等の様々な社会課題の解決に適用しうるものとして、イギリスやアメリカなどでは政策に応用するための専門チームが設立され、公共政策での活用を推進しているようです。

 

例えば、英国では2010年に英国歳入関税局と連携して実施した実証実験では、納税通知書に同じ地域に住む住民の納税率を記載することにより、その納税率を見た滞納者の義務履行意識が高まった結果、地域全体の滞納率が減少することがわかりました。

 

この実証実験を踏まえて、ナッジを用いたメッセージを納税通知書に記載することを2012年に決定し、年間およそ2億ポンドの税収の増加を実現したそうです。

 

平成29年度のノーベル経済学賞の受賞分野が行動経済学となったこと等も後押しとなり、環境省をはじめとして、我が国においてもこの手法を活用しようという機運が出てきています。

 

そこで、6月定例会では本市の公共施策へのナッジの導入についての見解を質問いたしました。

 

新しい政策手法のため、答弁はあまりいいとは言えませんでしたが、海外や国で始まっている新たな政策手法を、松戸市の職員さんに知ってもらったことには意義を感じています。

 

意識が高い職員さんや、若手の職員さんたちにもっともっと勉強していただき、新たな政策手法にチャレンジしていただくきっかけになれば嬉しいです。

 

是非動画をご覧ください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback



やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode