Entry: main  << >>
地域のネットワークによる子供・若者支援の取り組みについて

地域のネットワークによる子供・若者支援の取り組みについての相談を受けました。

 

多くの自治体において、子供・若者が抱える困難のうち「不登校」「発達障害」「虐待」「いじめ」など重点的に取り組むべき政策課題と考えていて、これまでも困難を有する子供・若者の支援を行っていましたが、関係機関の連携が十分にできていないことが大きな課題となっています。

 

松戸市でも中学生までは教育委員会、その後は地域若者サポートステーションと機関はありつつも、担当課が違いますし、連携という意味では少々課題を抱えています。多くの問題をかかえる子ども・若者を一括で支援できる仕組みや相談場所が求められています。

 

平成22年こども・若者育成支援推進法ではそういった問題を解決するために子ども若者支援地域協議会の設置や、子ども若者総合支援センターの設置を努力義務として自治体に対して求めていますが、県や政令市などでしか現状設置が進んでいないという状況です。

 

社会生活を営む上で困難を有する子ども・若者の問題は近年複雑化、深刻化しています。こういった問題は、広域の行政ではなく現場により近い基礎自治体にこそ解決しやすいのではないでしょうか? 皆様はどう思われますか?

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback



やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode