Entry: main  << >>
健康福祉常任委員会にて

9月定例会が続いています。 先日は所属する健康福祉常任委員会でした。

 

委員会では国民保険特別会計、介護保険特別会計などの補正予算、加えて新病院ができることによる看護専門学校の名称変更や小児急病センターの位置を変更する条例など7議案が審議されました。

 

看護学校の議案については今後の看護学校の方向性と、看護学科や学部がある大学との連携について質問しました。

 

お医者さんには教授になったり、どこかの病院の管理者になったりと「あがり」があるんですが、看護師さんにはなかなかそういった「あがり」がないと聞いたことがあります。

 

経験のある看護師さんはそれなりに給料が高くなるので、やはり全体の中で人件費比率を押し上げ気味です。しかし、だからと言ってそういった方の首を安易には切るわけにはいきません。

 

だからこそ市立病院という超急性期の中で培った知見を・・・例えば増えている看護系の学科、学部で還元していただく仕組みの構築はできないのか・・・すなわち講師や最終的には教授という道が開けていたら素晴らしいのになという趣旨の質問でした。

 

答弁では論文などペーパー作成が看護師さんたちには難しいんではないかということでしたが、それこそ医療業界のトップヒエラルキーに位置する医者のおごりではないんではないかと感じました。

 

環境さえしっかり整えてあげれば、市立病院という急性期の病院で得た知見を様々なところで活かせるんじゃないかと。そして学問の現場で研究を行い、再び市立病院に戻ってきてその研究の成果を市立病院に還元する。

 

このことによって勤めている看護師さんたちのモチベーションにもつながるのではないでしょうか? みなさんはどう思われますか?

 

さて看護系の大学の学部の新設が増えています。昨今の高学歴志向も相まって経年で看護専門学校の入学数は減っていっていまるそうです。今後看護学校の在り方も考えていかねばならないと思っています。

 

監査委員ですので登壇できませんが今の立場でできることをやってまいります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback



やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode