Page: 1/3   >>
松戸駅西口駅前広場のエレベーターやエスカレーターが完成

平成30年5月30日14時とうとう松戸駅西口駅前広場のエレベーターやエスカレーターが完成します。

 

今後も私の原点「誰もが自立して暮らせる街にしたい」という思いの実現のため、市内の駅・道路などのバリアフリー化を推進してまいります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地域のネットワークによる子供・若者支援の取り組みについて

地域のネットワークによる子供・若者支援の取り組みについての相談を受けました。

 

多くの自治体において、子供・若者が抱える困難のうち「不登校」「発達障害」「虐待」「いじめ」など重点的に取り組むべき政策課題と考えていて、これまでも困難を有する子供・若者の支援を行っていましたが、関係機関の連携が十分にできていないことが大きな課題となっています。

 

松戸市でも中学生までは教育委員会、その後は地域若者サポートステーションと機関はありつつも、担当課が違いますし、連携という意味では少々課題を抱えています。多くの問題をかかえる子ども・若者を一括で支援できる仕組みや相談場所が求められています。

 

平成22年こども・若者育成支援推進法ではそういった問題を解決するために子ども若者支援地域協議会の設置や、子ども若者総合支援センターの設置を努力義務として自治体に対して求めていますが、県や政令市などでしか現状設置が進んでいないという状況です。

 

社会生活を営む上で困難を有する子ども・若者の問題は近年複雑化、深刻化しています。こういった問題は、広域の行政ではなく現場により近い基礎自治体にこそ解決しやすいのではないでしょうか? 皆様はどう思われますか?

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
戸市在宅医療・介護連携支援センター開所!!

 

今日は午前中広報委員会、午後は松戸市在宅医療・介護連携支援センター開所式に。 地域で高齢者、障害者など助け合い、住み慣れた地域で、いつまでも暮らせる体制の構築が求められています。

 

そういった状況のなか、医療、介護連携の支援の窓口の必要性は言うまでもありません。

 

全国に先駆け、制度の狭間を埋める機能を持つ場所ができました。共生社会実現の一助になることはもちろん、他自治体のモデルになることを期待します。

 

さて上の子が小学校に入学してから朝も早くなり、小学校、保育園と送る場所も増えました。 妻は朝七時過ぎに出社なので、飯を食わせて、着替えさせて、歯をみがいて、着替えさせて、その合間に洗濯、洗い物と朝はバタバタ・(涙) 全国のかーちゃん、とーちゃん大変だと思いますが、共に頑張りましょう〜🌠

 

あまりの忙しさのストレスから久しぶりに昼ラーメン食べちゃいました!

 

まるきそば。むちゃくちゃうまかった〜。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
和名ヶ谷のプールをもっと活用できないものか

 

今日は高次脳機能障害・・・脳卒中などで半身麻痺などになった皆さんと和名ヶ谷のプールにきました。

 

車椅子でしか動けなかった方が、水の中で重力から開放され自ら泳ぎ出したのには、驚きを通り越して感動しました!! 先生によると和名ヶ谷のプールは障害者専用ロッカーやプール用車椅子など、都内と比較しても優れた施設とのことです。

 

この施設をもっと有効に活用できないものかなぁ。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松戸ボランティア連絡協議会の研修で秩父山叶本舗に

 

先日松戸ボランティア連絡協議会の研修で秩父山叶本舗に行ってきました。ここでは知的、身体、精神にハンディをもった人たちが活動しています。 梅園で栽培した梅を収穫し、漬け込み、天日干しをして紫蘇漬けにし、販売するという就労継続支援B型です。

 

 

グループホームも併設しており、仲間との共同生活の中で社会生活に移行できる力を養うよう支援しているそうです。 親亡き後の障害を持つ方たちの居場所について、自立支援については多くの方から相談を頂きます。

 

視察で得た知見を市議会でも伝えていきたいと思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
地域包括ケアシステムの深化??

 

先日は会長を務めている車椅子レクダンスふれあい教室の日。レッツ体験で中学校一年生の女の子が二人、高校生の女の子一人がボランティア体験に来てくれました。初めてのレクダンスでしたが、三人とも上手に踊れていましたし、何よりも参加者と楽しい時間を過ごしてくれたようで嬉しかったです。

 

参加者の一人は『楽しかった。次の施設訪問ボランティアは予定があっていけなかったんだけど、なんとか都合を合わせて行きます!』と嬉しい言葉。来週のレッツ体験ボランティアは特養の施設訪問です!3人とも頑張れるかしら??

 

さて車椅子レクダンスののち、評議員を務める地元特別養護老人ホームの夏祭りに顔を出させて頂きました。 ただでさえ何のことかわからない点が多い地域包括ケアシステム・・・さらに国はその深化を求めています。

 

具体的には高齢者、障がい者、子ども垣根をなくし、地域で共生しながらみんなで助け合いの仕組みを構築する必要があります。

 

社会福祉法人やこういった施設が地域で果たす役割は益々大きくなるはずです。僕も地域の一員として何ができるか考え行動していきたいと思います。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松戸駅構内バリアフリー化工事について

広報まつど8月1日号にも掲載されていましたが、待ちに待った松戸駅構内のバリアフリー化工事が始まるようです。各ホームにエレベーターが新設され、3・4番・5・6番ホームにエスカレーターが新設、多機能トイレも整備予定とのこと。喜ばしい事です。

 

しかし、以前の計画では、改札口内のコンコースを大幅に拡幅し、現在の自由通路の位置に新たな改札口を設け、コンコース内には4基のエレベータと4基のエスカレータ、そして多機能トイレを新設すること。

 

加えて、自由通路南側に人工地盤を構築し、仮駅舎とし、コンコースの整備を行いコンコース完成後に、人工地盤の上に新たな東西自由通路と7階建の商業施設を建設することになっていたはずでした。

 

その当時自由通路は松戸市が保有しており、「そんだけの整備をJRがしてくれるなら・・・」と自由通路をJRに無償譲渡した経緯がありました。が、この点については全くなかったかのように物事が進んでいます。

 

この話を聞いた時、無知なうら若き町娘が、遊び人の若旦那に騙され、手籠めにされ、挙句の果てに捨てられてしまった・・・そんな時代劇に出てくるような話が思い浮かびました。

 

先日も上野動物園に子供を連れて行ったとき、下の子がベビーカーだったので一苦労しました。だから正直バリアフリー化は喜ばしい事なんですけどね・・・。 9月議会ではこの話が少なからずでてくると思います。

 

哀れ町娘の運命はいかに!?

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ドレミファダンスコンサート♪「東京都障害者ダンス大会」に参加

第10回記念東京都障害者ダンス大会〜ドレミファダンスコンサートに参加するため明治神宮からパレード!認定NPO 法人日本車椅子レクダンス協会と警視庁音楽隊を先頭に千駄ヶ谷東京体育館にやってきました。

 

式典では来賓として秋篠宮妃殿下、佳子様、小池ゆり子都知事などなど普段はお目にかかれない方ばかり来られていました。我々のパフォーマンスでは「ビューティフルサンデー」を躍らせていただきました。

 

東京体育館という大会場で皇族の方を前にしてパフォーマンスをさせ頂くなんていい経験させていただきました。

 

 

※左一番奥のほうで手をあげているのが私

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
天は自ら助ける者を助く

昨日はボランティア団体会長としていぶきの広場の新入所者入所式。本日は健康福祉常任委員として松里福祉会全体の入所式に来賓として参加してまいりました。

 

めまぐるしく変わる国や自治体の制度の中で、本市の障がい者福祉政策はその親御さんやボランティアの皆さんたちが中心になって作り上げ、市はそれに追随してきたといっても過言ではありません。

 

天は自ら助ける者を助く・・・自治体が行う他の政策にも言えることですが、口を開けて待っていてもぼた餅は落ちてはこないのです。自ら求め動くものだけに果実は得られるのです。 そして我々地方議員はその後押しやお手伝いしかできないのです(それができること自体が素晴らしい事ではあるのですが)。

 

本年入所された皆様が元気に頑張られることを願ってます。

 

 

 

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
出会いと別れの季節

 

市議会はまだ三月定例会真っ只中。世の中は出会いと別れの季節であります。 市立松戸高校からはじまり、看護学校。河原塚中学校と続き本日は地元河原塚小学校の卒業式。

 

どんな感動的なドラマや映画を見るよりも卒業式は感動します。子どもたちの涙や、感極まって泣いてしまう先生方・・・そこには本当の思いが沢山つまってるからかな・・。

 

さてその後、車椅子ボランティアで一緒に活動する東松戸病院のリハビリテーション科の谷津先生の講演に。

 

社会で活躍し続けるためにというテーマで運動能力の維持のためにできることは何か?健康寿命を伸ばすには?これからの地域包括ケアのあり方にもかかわる大切なお話でした。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode