Page: 1/2   >>
市債残高状況近隣市との比較

本郷谷市長が市長就任した平成22年度から市債残高の増加は顕著です。

 

平成28年3月私が代表質問に登壇した際、一般会計での市債の限度額について伺ったところ、過去最大であった平成8年の約1463億円あたりが一般会計の市債残高の上限と考えているとの答弁がありました。

 

一般会計の市債残高平成30年度末には約1200億を超える見込みですでにその過去最大値に近づきつつあります。

 

誰もが疑問をぬぐえないのが、松戸駅周辺まちづくり構想、矢切観光拠点整備、新松戸駅東側区画整理、千駄堀新駅周辺開発、東松戸65街区、など多額の予算を伴う大規模開発事業計画の財源はどうするのか?事業費不足が発生するのではないか?という懸念です。

 

松戸市の公共施設白書・松戸市公共施設再編整備基本方針によると、現在の公共施設をすべて大規模修繕・建替えを実施していく場合、今後60年間の平均で毎年約75億円の一般財源が必要になります。

 

大規模修繕と建替えに充てることが可能な一般財源を過去の支出額の平均から毎年度57億円と仮定すると、平成34年度以降は57億円を上回る費用が発生することとなり、財源不足が生じる見込みです。

 

今後、民間のノウハウの活用とコスト縮減、適切な利用料金の徴収やサービス対象人口の動向に応じた施設規模の見直しを行うにしても財源不足が発生することは火を見るより明らかです。

 

平成21年度〜28年度末で近隣市の市債残高を比較しても千葉市が約313億円の減、市川市が約147億円の減、柏市が約217億円の減と船橋市以外は市債を減少させています。

 

財政状況を鑑み、優先順位を決め、後年度負担を極力抑えたまちづくりや市政運営が求められています。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
みらいフェスタ〜こどもたちの未来のために

 

先日市長選挙、市議会議員選挙前最後のH30年度予算案審議もある3月定例会が終わりました。

 

いくつかの事業を修正削除する修正予算の可決となりました。

 

一般会計市債残高はH30年度末で約1,200億円を超える想定です。H22本郷谷市長誕生から約300億円も借金が増えています。

 

子供たちの未来を考えた時、あれもこれもと大型事業を計画し、実施する余裕が本市にあるとは思えません。

 

財政状況を鑑み、優先順位を決め、後年度負担を極力抑えたまちづくりや市政運営が求められています。

 

『こどもはみらい』負の遺産を残してはなりません。

 

松戸駅ではみらいフェスタが行われ多くの人で賑わっていました。僕は車椅子レクダンスでブースを出店!ステージでのパフォーマンスも大成功。立ち寄っていただいた皆様本当にありがとうございました!

 

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
政務活動費の領収書などが公開されます

富山市議会の政務活動費不正受給問題をはじめとして、京都、神戸、堺など全国の地方議会で議員の政務活動費をめぐる不正が相次いでいます。過去松戸市議会においても政務活動費(当時は政務調査費でしたが)の不正使用による問題が起きたことがあります。

 

こういった問題を受けて松戸市議会では政務活動費の運用ルールをしっかりと決めていました。一例をあげると公私の区別がつけがたい通信交通費、携帯電話代・WIFI・ガソリン代などは使った分の4分の1の計上であり、月1万円が上限となっています。(当然領収書・通帳・やクレジットカードの引き落とし明細などの添付が必要)

 

さらには経理責任者会議で各会派所属議員・無所属議員も含めしっかりとチェックする体制が構築されており、そのうえで収支報告書をホームページで公開するなどその透明化を図っていました。しかし、さらなる使途の透明性を確保するため、平成28年度からは政務活動費の収支報告の「領収書等」も市議会のホームページで公開することとなりました。 公開は本年7月以降とのこと。

 

時代の要請であり、議会の『見える化』という意味では大切なことです。他市などの事例と比較しても松戸市議会は以外にもしっかりとした運用がなされていると思いますが市民の皆様はどう思われますか。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
先ず隗より始めよ〜市役所・市議会意識改革のために行動します
急に寒くなりました。急激な気温の変化に体調等崩されていませんか?

今年は台風18号・19号が列島を縦断し全国各地で大きな被害をもたらしました。 また記憶に新しい御嶽山の噴火では多くの犠牲者が出ました。 まずは被害にあわれた方、犠牲になられた方へ心からお見舞い、お悔やみを申し上げます。

本日は鹿児島、宮崎県境の霧島連山・えびの高原で小規模な噴火の可能性があるとして、航空機で上空から登山客に対し、下山を呼び掛けたとのニュースがありました。

残念ながら自然の脅威には人間の力ではあがらうことができませんが、備えることによって、被害を最小限にすることは可能です。

先日の台風18号・19号の際には、市職員の皆様が何か起きたときの為にと寝ずに市役所に詰めていました。そして次の日には側溝や下水道の詰りなどの見回り、確認などの業務で市内を飛び回っておりました。

一部職員・議員の不祥事などでとかく批難されがちな市議会や市役所ですが、頑張っている方も沢山いるということを多くの市民に知って欲しいと願っています。

しかしながら、民間においてはお金を効率よく大切に使う事、お客様の為に努力し続ける事が当然である一方で、市役所・市議会ではこうした考えが希薄だというご意見を多くの市民の皆様から頂きます。

また一期四年間の議員活動においても、市役所や市議会ではこうした考えが未だ希薄であると思われたことが多々ありました。



以前議会で3人の煉瓦職人の話を例に市役所の意識改革の質問をしたことがありますが、私は引き続き市役所・市議会の意識改革を推進し、市民の皆様に信頼される市役所・市議会を目指してい
きたいと考えているのです。

PS:挨拶回りをしていたら松戸市の世界基準点を見つけました。恥ずかしながら初めて見ました。少し感動しましたとさ。




 
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
選挙前のパフォーマンス〜大根役者の茶番劇に空いた口がふさがりません。
先日は選挙前に有権者の関心を買うための、パフォーマンス議員の茶番劇に付き合わざるをえず、どっぷり疲れました。議員定数削減の議案が俗に「改革派」と言われる議員さんから出されたからです(昔は憧れてたんだけどなぁ・・・。)

そもそも議員定数に関しては、議員定数等協議会で「議員定数」「議員報酬」「議員倫理」について党派を越えて活発に議論してきました。

議論の過程では「他市が削減している中、財政論も踏まえて議会側も身を削るべきである」「4常任委員会での採決を考慮して4名減が望ましい」「3大都市圏の同規模の市における議員数の平均から2名減を主張する」などといった削減すべきという考え方と、「議員数の減は執行機関に対する監視機能の低下につながる」「人口40万人以上50万人未満の市における議員の平均と4常任委員会のあり方から、現状維持を主張する」など、現状の44名が適切であるという考え方などが出されました。

さらに、「人口だけではなく、市域面積、まちの歴史なども関連し、様々な形で模索し議論しなければならない」「他市では削減根拠が不明確という理由で削減議案が否決されている」などの様々な意見ががあり、どの意見も市民から選ばれた代表者の意見であり、尊重せねばならず、議会としての意見集約するには至らないという報告を議長答申にすることが決まりました。

※委員長報告は何回かの会議での話し合いをもとに、全員が合意の元(当然今回議案を出した改革派と言われている議員も含め)策定され、議長答申することが決められました。また、委員長報告に加えて、議長が「今後も議員定数については議論を続けていく」とも仰られ、我々としては当然引き続き議論をし、合意できるベクトルを模索していくのだろうと考えていました。

・・・にも関わらず、今回の議員定数削減の議案上程となったのです。言うまでもなくこれは「選挙前に市民の歓心を惹くためのパフォーマンス」以外の何物でもありません(確信犯なんでしょうけど。)。

議案質疑では、ご自身も定数は削減すべきだと主張されていましたが、他の市民の代表者の意見、他の会派の意見も尊重し、しっかりと合意点を議論の過程で見出そうとしていた「尊敬すべき」議員の先輩が、正論で質疑をされていました。

質疑は30分ありましたが、答弁者である俗に改革派と呼ばれる議員さんは、質問に真摯に答えず、的外れな答弁をだらだらと述べ”時間稼ぎ”をしている印象をうけました(茶番ですから当然なんですが・・・いつも彼は「端的に!」「端的に!」と執行部の皆様を攻めたてているにもかかわらずです・・・)。

それでも・・・昔の私のように彼が正しいことをしているのだと信じてしまう市民もいるのかもしれないなあ・・・と思うと少し悲しくなります。

だからこそしっかりと「彼のやっていることは選挙前の茶番劇だ!」と、こういう場で記載をしておかなければならないと思っています。

さて私個人の議員定数に対する考え方は何度も何度も書いていますが、「民意だから減らせ」「他市も減らしているから松戸市も減らすべきだ」などの意見には大義はないと思っています。

有権者の政治的有効性感覚が失われつつあり、投票率も低下の一途をたどり、 政治不信の増大が問題となっています。政治不信を解消する為にも議会が議員が襟を正すべきだというのはごもっともですし、私もそう思います。

しかし、だから定数を減らすというのはまったくナンセンスです。 2011年の地方自治法改正により上限枠が撤廃され自治体独自で議員定数を決められるようになりました。この目的はそれぞれの自治体の事情に合わせた議員定数を設定することにより、地方における、自治、分権を促進することにあると考えます。

議会とは多様な意見を揚棄し、公平(多数決・少数意見の尊重)に意思決定を行うのがその役割です。前回の市長選の惜敗率を鑑みても現在の松戸市は議会の役割が増していると言っても過言ではありません。

(古代ギリシアの直接民主制じゃないけど)議員が沢山いるということはそれだけ市民と政治の接点が多いと言うことなのでいいことなんだけどなぁ・・・と残念に思います。

大抵の場合、定数削減を声高に叫ぶ人たちは、定数の問題には凄く粘着質にくいついてきて持論を振りかざしますが、例えば今回私が一般質問した「春木川の水害の問題」や「東部地域のまち作り」、他の議員さんが質問した「外環開通によって起こるそれぞれの地域課題」などなど、それぞれの地区の地域課題に対しては口を閉ざす傾向があります。多分彼らはそんなことには興味がないからでしょう(こっちは苦しんでいる人、困っている地域住民の為にと必死なんですが。)

平成の大合併で過疎地域の議員がいなくなりました。その結果何が起こりましたか?地域課題が政治・行政に伝わらず、その地域はさらに過疎化して、地域が瀕死の状態になってしまったんです。

政治不信は定数を何人減らしても解消しません。同じことが繰り返されるだけです。そして「根拠なく」議員を減らしつづければ、取り返しのつかないことになるのは間違いありません。政治不信の原因は別にあります。

その解決策は我々議員がどんな仕事をしているか、考え方を持っているか皆様に積極的に情報発信していくこと以外にないと思っています。

最後に・・・ある尊敬する経営者且つ哲学者ともいえる方の言葉を

「平和を乱し、貧困を招くのは、お互いが個々の思想や主義にとらわれているからであります。個々のものは真理の一面を語っていますが、これを真理の全体としてとることは誤りであります。 個々のものをそれぞれに生かし、高き秩序に従ってその力を活用するところに調和があり、これによって真理が全面に働いてまいります。お互いの自覚と努力とによって、すべてが調和される社会がつくられます。その中におのずから繁栄、平和、幸福が醸成されてまいります。(松下幸之助)」

我々は理性ある市民の正しい判断を信じるしかありません。

 
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
議員定数等協議会が行われました。
先日は八柱駅にて街頭をさせていただきました。多くの方にうんうんとうなずいて頂きました。皆様から頂いた”思い”を力に変えて、両足で大地を踏みしめ、歯を食い縛り、9月議会でも駆け抜けてまいります。

さてその後、議会棟へ向かい、市民から頂いた相談を担当課に伝え、午後は9月議会の議案説明会、委員として所属する議員定数等協議会が行われました。

平成25年12月に設置された本協議会ですが、「議員定数」「議員報酬」「議員倫理」について党派を越えて活発に議論してまいりました。 個人的には「民意だから減らせ」「他市も減らしているから松戸市も減らすべきだ」などの意見に大義はないと以前ブログでも記載したことがありました。

議論の過程では「他市が削減している中、財政論も踏まえて議会側も身を削るべきである」「4常任委員会での採決を考慮して4名減が望ましい」「3大都市圏の同規模の市における議員数の平均から2名減を主張する」などといった削減すべきという考え方と、「議員数の減は執行機関に対する監視機能の低下につながる」「人口40万人以上50万人未満の市における議員の平均と4常任委員会のあり方から、現状維持を主張する」など現状の44名が適切であるという考え方が出されました。

さらには、「人口だけではなく、市域面積、まちの歴史なども関連し、様々な形で模索し議論しなければならない」「他市では削減根拠が不明確という理由で削減議案が否決されている」などの様々な意見ががあり、議会としての意見集約するには至らないという報告を議長答申にすることが決まりました。

有権者の政治的有効性感覚が失われつつあり、投票率も低下の一途をたどり、 政治不信の増大が問題となっています。政治不信を解消する為にも議会が議員が襟を正すべきだというのはごもっともですし、私もそう思います。しかし、だから定数を減らすというのはまったくナンセンスです。

2011年の地方自治法改正により上限枠が撤廃され自治体独自で議員定数を決められるようになりました。この目的はそれぞれの自治体の事情に合わせた議員定数を設定することにより、地方における、自治、分権を促進することにあると考えます。

議会とは多様な意見を揚棄し、公平(多数決・少数意見の尊重)に意思決定を行うのがその役割です。前回の市長選で市長以外の人を選択した市民の皆様の意見を反映させるために現在の松戸市は議会の役割が増していると言っても過言ではありません。

鹿児島県阿久根市や愛知県名古屋市、本市の市立病院問題における反対署名運動などの例を見ても分かるように地方自治体における二元代表制の制度疲労は目も当てられません。しかしながら過度に直接民主制を強化するのは、大きな危険をはらんでいる為、まずは現行の二元代表制の機能を生かす方策を考えるべきだと個人的には考えています。

その為には我々議員がどんな仕事をしているか、考え方を持っているか皆様に積極的に情報公開していくことが重要なのではないでしょうか?皆様はどう思われますか?

さて定数に関しては現状維持という結論に至りそうですが、「倫理」に関しては継続して議論が続いています。9月定例会中には一定の倫理規定(もしくは申し合わせ)をつくることを目指して引き続き議論をしていきたと思います。
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
議員定数等協議会に思ふ〜定数削減に大義はないと考えています。
現在松戸市議会において定数・報酬・政治倫理などの議論が行われており、私も委員の一人として議論に参加しています。

「民意だから減らせ」「他市も減らしているから松戸市も減らすべきだ」などの意見が出されていますが、個人的にはそこに大義はないと考えています。

確かに有権者の政治的有効性感覚が失われつつあり、投票率も低下の一途をたどり、 政治不信の増大が問題となっています。

政治不信を解消する為にも議会が議員が襟を正すべきだというのはごもっともですし、私もそう思います。

しかし、だから定数を減らすというのはまったくナンセンスです。

我々としては襟を正すという意味で政務活動費という議員への補助金や調査旅費などを報酬に組み込み、その分の税金を納め、その上で報酬自体を削減していくべきだと提案しています。

そもそも政務活動費は議員で形成される経理責任者会議でチェックをしたり、領収書など添付した報告書がホームページに掲載されますが、外部チェックがあまり働いていない補助金だからです。

※松戸市議会では以前この使途や横領等で問題が起きました。

報酬に組み込んでしまえばその分の税金も納めることになり問題はありません。2011年の地方自治法改正により上限枠が撤廃され自治体独自で議員定数を決められるようになりました。

この目的はそれぞれの自治体の事情に合わせた議員定数を設定することにより、地方における、自治、分権を促進することにあると考えます。

そのことを前提として現在の松戸市の事情を考えると、市長選挙の結果を見てもわかるように現市長が全面的な信任を得ているわけではなく先に行われた市長選挙で87,000人の市民が現市長にNOを表明しているのです。

市長選挙には決選投票もないわけですから87,000人の投じた票はまさしく死票になってしまっています。

議会とは多様な意見を揚棄し、公平(多数決・少数意見の尊重)に意思決定を行うのがその役割です。

市長以外の人を選択した市民の皆様の意見を反映させるためにも 現在の松戸市は議会の役割が増していると言っても過言ではないわけです。

ですから2元代表制をしっかりと機能させるために、定数は削減すべきではないと個人的には考えています。

鹿児島県阿久根市や愛知県名古屋市、本市の市立病院問題における反対署名運動などの例を見ても分かるように地方自治体における二元代表制の制度疲労は目も当てられません。

しかしながらだからと言って過度に直接民主制を強化するのは、大きな危険をはらんでいる為、まずは現行の二元代表制の機能を生かす方策を考えるべきだと個人的には考えています。

その為には我々議員がどんな仕事をしているか、考え方を持っているか皆様に積極的に情報公開していくことが重要なのではないでしょうか?皆様はどう思われますか?

 
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 13:58 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
議員報酬・定数・倫理等協議会におもふ〜定数について
今日は市内の中学校の卒業式が行われました。

私は学区の河原塚中学校の卒業式にお招きいただき、

お祝いの言葉を述べさせていただきました。

体育祭、忘れられない思い出を語ったとき、

卒業生たちが涙を流してくれたので本当によかったです。

どうやら天も祝福、彼らが歩むであろう大地を

涙の雨で固めてくれています。


そして不思議なことに彼らが退場する瞬間に雨がやみました・・・。

本当に素晴らしい式でした。


その後、議会棟にて議員報酬・定数・倫理等協議会を傍聴。

2元代表制という首長も議員も民選により、

相互に緊張関係を持って市政を運営していく仕組みの元では、

議員の定数を単純に減らすことが本当に

市民の為になるのかはわからないとい う論調が各会派多く、

私も大いに賛同。


48万人の人口の松戸市に44人の議員だから

現状は約11,000人つき一人議員がいる計算。


単純に議員数を減らせば市民の声が通りにくくなるし、

約11,000人に一人の代表が多いのか少ないのか

その基準もわからない。


試験で受かった頭のいい公務員の皆様に対して

しっかりと対峙し 民意を反映させていくという

価値観があるのならば、 逆に議員は多くたっていいはず。


また、市長の独裁や暴走を止める為には

議会の機能を もっとしっかりとすべきだとも思う。


いずれにせよ議会や議員が何をしているのか

わかりにくいという所に問題の

本質があるような気がしています。


しっかりとやっていることを皆さんに

伝えていくことにつきるのかもしれません。


絆としては市民と議員や議会とのあり方を

一緒に考える機会を持ってもいいんではないか

と投げかけさせていただきました。


報酬に関しても襟を正すという意味で

政務活動費・議員派遣費も含めて

財政規模などから本来望ましい報酬のあり方を

議論すべきだと思っています。


こればかりは各会派、議員と主張が違うので

なかなか合意形成がしづらいのですが、

可能な限り議論をし、我々の主張を伝え、

反映していきたいと思っています。


PS:その後打ち合わせ。

明日の予算の審査でもまだまだ

バックアップできるよう頑張ります。

正直しんどい(・・;)

また駄文すいません。


 
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
議員定数・倫理・報酬も含めた議員のあり方を議論する協議会発足!
新聞報道等でご存知の方も多いかと思いますが、

議員定数・倫理・報酬も含めた

議員のあり方の協議会が発足いたしました。


定数削減だけの議論だけではなく、

倫理・報酬に関しても話し合う場にしましょう

と主張してきましたが、その通りになりほっとしています。


会派絆からは川井議員が代表として委員となりました。


多数決なので当然合意形成が必要。


しっかり対話・議論していくことが重要ですが、

改選前主張した「人に勝たんとするものは先ず自ら勝つ」その思いを

会派の議論を通してしっかり協議会で伝えていきたいと考えています。




 
| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
激論第2質問!?松戸市役所のミッションステートメントを問う!
 

平成24年度6月一般質問では行財政改革の一環として

松戸市役所のミッションステートメントに

ついて質問いたしました。 


古代ギリシャに「3人の煉瓦職人の逸話」

という話があります。 


ある人が歩いていたら何人もの煉瓦職人

が働いていました。 


その人はある煉瓦職人に向かって

何の仕事をしているのですかと尋ねました。 


するとその職人は不機嫌そうに 「ただレンガを

積んでいるだけ。つまらない仕事さ。」 

別の職人にも尋ねてみる。 

すると、2人目の職人はこう答える。 

「強い頑丈な壁を作っているのさ。」 

また、別の職人にも尋ねてみる。 

すると、3人目の職人はにこやかに

胸を張ってこう答える。 


「街中の人が喜ぶ大聖堂をつくっているんだ。 

自分が亡くなってからも、子供や孫達が私の 

仕事を誇りにしてくれると思う。」 


やっていることは同じなのに、 仕事に

取り組む意識・姿勢が全く違う。 

やらされている、ただやっている、

自信と誇りを持ってやっている。 


その仕事をすることの価値。

そして、意味づけ・意義づけ。 


これらを明確にすれば、所属する組織・

自分の存在価値・ 理由が見えてきます。 


あいまって松戸市役所はどうでしょう? 

役所も組織である以上経営理念、 

ミッションステートメントがあってしかるべき

だと考えたのです。 


またそれが全職員に共有されているべき

だとも考えその点を質問しました。 


残念ながら総務財務本部長の答弁では

名札の裏には、「職員の心構え」を記載し、

常に市民サービスの向上に努めて接遇向上

研修なども行っているとのことで 


加えて市役所の地下玄関に掲げられている 

「松戸市民のために役立つ人のいる所」という標語。 

市職員であれば共有しているものとの・・・

なんだかおざなりな答弁でした。 


が・・・。 


元来天邪鬼の私は疑問に思ってしまいます・・・。 

はたして本当でしょうか? 

名札の裏は「休憩中」と書かれたカードで

はなかったでしょうか? 

玄関ではなく地下玄関に掲げられている

標語を果たして何人の職員さんが

知っているのでしょうか? 


先日松戸市のミッションステートメントは

なんですかと 何人かの職員さんにお伺いしましたが 

みんなてんでバラバラな答えでした。 


ごく最近も電話対応がひどかったと 

とある市民の方からクレームもうけてます。 

当然市民だけではなく対応した職員の 

言い分も聞くべきだとは思いますが、 

これでは真面目に対応している人まで 

バカをみることになってしまいます。 


そこで広島県庁の例を出して第2質問! 

続きは動画で!


| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode