Page: 1/17   >>
春木川の水害をなくす会〜本年排水整備工事完了

 

先日、春木川の水害をなくす会第12回の総会に出席してまいりました。平成29年度は春木川の排水整備工事が春木川より上流部の、トノオカに向けて順調に計画通り進みました。そしてとうとう平成30年度にて工事は完了。完成時期は今年秋ごろを予定しています。

 

 

平成15、16年と、2回にわたる大水害を契機に春木川の水害をなくす会を地域住民で結成してから早15年。 この間松戸市は今年度予算も含めると約18億円の事業費を投入しこの事業を進めてきました。また、八柱霊園内にも 3万トンの貯水が可能な遊水設備が完成し、最近では床上浸水の被害を聞くことはなくなりました。

 

 

私もこの間、市への働きかけ、東京都への要望など、議員としてだけではなく、一地域住民として様々な働きかけを行ってきました。春木川の水害をなくすためのこの活動も本年で一つの区切りを迎えることになります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松戸市議会議員一般選挙期日決定

任期満了による松戸市議会議員一般選挙の期日が決定した旨、選挙管理委員会より連絡がありました。

 

告示日は11月11日(日)投開票日が11月18日(日)

 

皆様のおかげで、早いもので約8年間、松戸市議会で活動をさせていただいたことになります。

 

市内駅・周辺道路のバリアフリー化や都市計画道路3・3・7号の延伸、市内のインキュベーション施設実現など、当初訴えていたことが着実に前に進んではいますが、この町で暮らし、家族を持つことにより新たな問題意識も生まれています。

 

引き続き松戸市のために一生活者の目線を忘れずに働きたいと思っています。忙しい日々が続きますが、そろそろ立候補予定者としての準備に入らなければなりません。

 

武器ではなく言論を持っておこなう戦争が・・・始まります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松戸市長選挙〜平成30年6月10日投開票

いよいよ迫ってきました。 松戸の未来を決める大事な松戸市長選挙。

 

市政報告会や様々な場所で、現職の8年間の政策に関してはあまり評価はできないし、むしろ良くないということを述べています。

 

身の程を知るというわけではありませんが、ぼく個人として市長選に立候補するほどの実力があるとはまだ思いません。

 

とはいえ国でも地方でも、未来に向けて解決しなければならない課題が山積しています。

 

将来にわたっての課題の解決を、次世代の若いリーダーに託したいと思うのは僕だけでしょうか。

 

立候補予定者説明会は明日14:00から議会棟特別委員会室にて開催されます。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 14:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
リーダーの政治決断について〜サッチャーの言葉を借りて

If you just set out to be liked, you would be prepared to compromise on anything at any time and you would achieve nothing.

 

英国初の女性首相であり強硬な性格から鉄の女と呼ばれたサッチャー首相の言葉です。

 

「好かれようとしているだけなら、いつでも何でも妥協する用意があり、何も達成しないだろう。」という意味になります。

 

3月定例会では市政における多種多様の問題解決に当たって、何を基準に物事を考え、どんな思いで市政運営にのぞんできたのか、また、今までに成した政治判断、決断についてどう思っているのか市長に問いました。

 

本郷谷市長の答弁では解決すべき課題の例として、新たな「松戸の顔」となるいわゆる新拠点ゾーン整備構想について一定の道筋をつけてゆくことが課せられた使命だと述べられました。

 

しかし、であるならば新市庁舎建設を含めた松戸駅周辺まちづくりでいったいいくらかかるのかをハッキリと市民に示したうえで事業を進めていくべきです。

 

思い返してみれば、市長は最初の選挙で「新市立病院は現地建替え64億円で可能、東松戸に建設予定であった病院の差額を子育て支援策などに回す」などと公約していました。 8年後、実際は、新病院は千駄堀に移転、建設費は200億円を超えました。

 

この病院建設議論の過程でも、自身の公約の帳尻をあわせるために病院建替計画検討委員会、今となっては懐かしい構想8案の提案、議会からはその額では無理だろうと言われた早く安く約150億円での建設費の提案、その後、やはり建設費が足りなくなり建設費はさらに40億円以上増え、結果として東松戸に建設するより高額になりました。

 

病院建設を決断する際にも、再三我が会派が現地の売却が前提と言い続けてきましたが、病院運営審議会を立ち上げ、昨年ようやく現地の「売却が妥当」と答申が出たにもかかわらず、現時点で売却の決定がされておらず、空になった病院を維持するために約6,000万円が必要となり、年間の維持費が約4,000万円かかり続ける事態になっています。

 

何かと外部委員会を設置し、そのたびに時間と税金を浪費してきました。本来であれば、勇気をもった決断で進めていれば必要のないコストであったはずです。

 

昨年9月議会での伊勢丹支援策の提案も、賃料の坪単価月額約28,000円で公共施設を借りるとの提案でしたが、今回の予算案に計上された旅券事務所を同じ場所に借りるという家賃は、説明によると、半分以下の坪単価月額12,960円とのことです。あの案はいったいなんだったのでしょうか。

 

こんな提案ではとても市民の納得が得られないと判断し、本当に責任感をもって伊勢丹と交渉していれば、他にやりようもあったのではないでしょうか。

 

If you just set out to be liked, you would be prepared to compromise on anything at any time and you would achieve nothing.

 

最近感じること・・・市長というのは本当に大きな権限を持っています。だからこそ時には嫌われる勇気を持って決断をして欲しいものです。

 

でないと・・・松戸市が夕張になっちゃいますよ。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
三月議会が始まりました。

 

三月議会が始まりました。施政方針演説、教育施策方針演説が行われ、これから平成30年度の松戸市の施策や予算などが議論されます。

 

昨日は所属する健康福祉常任委員会でした。

 

昨年の総務財務常任委員会から議論が継続されてきましたが、健康福祉会館を買い取る契約に関する審議が行われました。 20年間で50億円以上支払ってきた賃料、高額な買取り金額、何より以前より再三議会で指摘があったにも関わらず後手後手の対応。こういったことに対してしっかりと反省をしていただくことを厳しく伝えたうえで、現在の利用者や今後の発展的利用の可能性も鑑み、買取りに賛成いたしました。

 

今後は健康福祉部・福祉長寿部・総合政策部など部課を越えて連携し、市民の理解を得るためにさらなる発展的活用を検討してただくこと、さらには本市諸計画の中にしっかりとこの施設を位置づけさらなる市民福祉の向上にのために健康福祉会館を活用していただきたいと思います。

 

議会後、河原塚小学校で地域防災会議に出席。地域の皆さんの中で自助の意識が向上していることを実感。 写真は松龍寺参道。河津桜がきれいに花開いています。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
プロポーザルって本当にいい手法なのか??

昨日はH28年度プロポーザルで契約した案件の監査。価格だけではなく技術や発想など総合的に業者決定ができるプロポーザル方式。近年多くこの手法が用いられています。

 

しかしながら優先交渉権者決定後、その提案内容と乖離した契約となり市議会で問題になった案件も。またコストを抑えるというインセンティブが働きにくいという問題もあります。内容はこの場では言えませんが、しっかりと意見を伝えさせていただきました。

 

その後警察ボランティアで八柱駅周辺を街頭補導に。悪い子はいませんでしたよ〜。 本日は広報委員会。12月定例会の議会だよりについて話しあった後、午後はふれあい22に。

 

壊れてしまったラジコンが治ったとの連絡があり、おもちゃの病院に取りに行ってきました! 皆さんボランティア。本当に頭が下がります。「おもちゃの病院」は毎週金曜日午後ふれあい22・3階でやっています。

 

こういう時代だからこそ物を大切に。是非壊れたおもちゃがあれば持って行ってみて下さい! 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
伊勢丹支援の議案について

連日マスコミでも報道されている伊勢丹の問題。

 

先日の総務財務常任委員会で、約10年間、21億600万円で伊勢丹の4階部分を賃借する内容の債務負担行為を設定する補正予算案が審議されました。

 

会派の多くのメンバーも伊勢丹松戸店を可能であれば支援したいという思いがありました、そして、会派内でも沢山の議論を重ね、一定の方向性も出ていました。

 

委員会審議では、ビジネスモデルとしては右肩下がり、法人税収約6千万/年の一民間企業に約2億/年の公金を投入することの是非や、坪単価28,000円の高額な賃料の妥当性、全体の公共施設の再編整備との関連性、松戸駅周辺のみならず全市への影響。

 

さらには、また、何故伊勢丹から賃借して所有者から直で借りないのか?法人税減税や店舗からの購入促進策などほかの手段はなかったのか?など紛糾しましたが、我が会派からの疑問に対して市側から明確な答弁は得らませんでした。

 

一民間企業の延命の為に公金を投入するにはそれなりの理由が必要です。

 

わが会派の多くのメンバーは伊勢丹に残ってほしかった。だからこそ伊勢丹本部の出席を求めていました。本部の担当者から今後10年の経営プランや松戸への地域貢献など聞きたかった。が、それも叶いませんでした。

 

結果として委員会では債務負担行為部分を削除する修正案が提出され、なんと全会一致で修正案が可決されるという結果になりました。

 

この国はどこかの共産国や社会主義国と違います。

資本主義国家ではなくなるから新たなものがうまれるのです。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 10:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
春木川の水害について

 

継続して取り組んでいる問題として地域の治水対策があります。本日は春木川の水害をなくす会の総会に出席してまいりました。 現在まで継続的に対策がとられ、今年度は春木川橋からトノオカまでの工事となっており、とうとうゴールが見えてきたといった所です。

 

また都への働きかけにより八柱霊園内に新たな遊水地の整備を行い、約3万トンの排水が改善されました。 最後の詰めはいつも水が上がるトノオカから先の暗渠部がどうなっているかです。

 

財政状況が厳しい中で他地区についても水害への対応が求められていますが、市民が当たり前に安心安全に街で暮らしていける事こそ真の街の価値であると信じ、市へ働きかけてまいりたいと思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
平成29年度一般会計歳入歳出予算について

平成29年度一般会計歳入歳出予算の総額は1457億5千万円。

 

新年度予算を総評するならば、松戸市の歳出全般については、残念ながら聖域なき徹底した見直しをしているとは言い難いようです。

 

議会と執行部共にまちづくりを行ってゆこうと思っていても、事業の総額も投資に見合う効果があるかも示されず、優先順位を判断する客観的な評価もできない中で、個別事業費の追認を求められても、責任を共有することは非常に難しいと言わざるを得ません。

 

議会として次世代に残すべき財産と負担に責任を持たなければならないと考えています。

 

今回特にわが会派としては松戸駅周辺のまちづくりをはじめ、各地区のまちづくりについて議会にて論戦を展開しました。

 

市庁舎建替え、公共施設の再編整備、社会保障の対応などやるべきことが山積するなかで、本当に投資が必要とされているまちづくりの財源は確保できるのでしょうか。松戸駅周辺だけで財源を使い切ってしまうことにはならないでしょうか。

 

また本年度も、昨年代表質問・予算委員会で質疑した市債残高の限界値について質問を行い、一般会計における過去最大であった平成8年度約1,436億円程度を債の上限とするならば、先可決した今年度補正予算で、今年度末の一般会計市債残高は約1,156億円。

 

単純計算で、残り約280億円と市債は昨年より約80億円増えたということがわかりました。

 

平成22年段階では市債残高は900億円を切っていたわけですから随分と増えてしまった印象があります。 残念ながら、どんなに子育て支援をしても、子育て世代の流入や税収増などの成果がみえるには時間がかかりますし、一番大事なそれらの世代の松戸市が定着するための産業の創出にも時間がかかります。

 

ここ数年、会派の代表質問や予算審査特別委員会で貫いている価値観は、少子高齢化の影響で財源確保が厳しい中事業の優先順位を誰がどうやってつけていくのか、そしてその責任をだれがとるのかということであり、次期の基本構想に盛り込むべき内容を第六次実施計画内で精査をお願いし、現在計画している大型事業の総額と財源について早急に示すよう要求しました。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
戸定公園の復元工事を松戸市のレガシーに !

 

戸定が丘歴史公園が旧徳川昭武庭園の名勝指定を機に、明治時代の姿に復元されることになりました。担当は本来は公園緑地課ではありますが、文化財庭園であることを鑑み、戸定歴史館が復元工事の担当になっています。

 

一方、街づくり部による松戸駅周辺街づくり構想の中で、相模台にある中央公園を5千平米縮小することになり、市全体の公園面積を減らさないために、旧戸定フォーラム用地約5千平米を公園とすることになりました。

 

この旧戸定フォーラム用地は戸定が丘歴史公園の隣接地であるため、歴史公園と一体的に整備することになり、戸定歴史館と公園緑地課は密接に連携してそれぞれの事業を進め、旧徳川昭武庭園復元工事は今年度から開始、旧戸定フォーラム用地整備はまさに昨年12月議会で予算を上程され、可決されました。

 

もともと戸定歴史公園と旧大和銀行跡地、旧戸定フォーラムは当時徳川家の所有だったとのこと。この一体での再整備によって、まさに130年前に徳川昭武が創り上げた、世界の復元が行われ、松戸市民の宝物になることは言うまでもありません。

 

しかし、単に行政主導でこのことを行っては本当の意味での市民のレガシー・・・すなわち遺産とはならないと私は考えます。未来に受け継ぐ本市の宝物として、これからも市民の皆様に愛される文化財であるためには、その一体の復元に際して、市民も巻き込んだ形で行うことで、まさに松戸市民にとっての本当のレガシー(遺産)となるのではないかと考えています。

 

皆さんはどうお考えですか? 是非動画をご覧ください!

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode