Page: 1/98   >>
東部小学校、第5中学校間の通学路の安全対策について

 

以前要望をいただき、保護者・市職員・学校の先生・地域の皆様と現地立ち合いを行った東部小学校、第5中学校間の通学路の安全対策についてですが、剪定や防犯カメラの位置調整など対応が終わったとの連絡がありました。

 

連日多くの市民要望をいただきます。

 

最近では地元河原塚小学校の通学路にガードレールをつけてほしいとのご要望が。

 

ご指摘いただいた道路に関しては以前から多くの安全対策の要望があり、随時市の権限でできることを要望し対策をしています。

 

そして市の権限外の「規制」に関しては県・警察の権限ですので2年前にゾーン30に設定できないか、周辺町会長・PTA会長と要望を警察・県・市にも提出。

 

現在までなかなか動きがみられないので、先日改めて進捗等も県警に伝えているところです。

 

幹線道路3・3・7号線の用地買収も進み、この道路が完成すれば生活道路への自動車の流入も減るかと思われますが、引き続き安全対策を市・県・県警に要望をしてまいります。

 

なかなか実現できないこともありますが、必要だと思ったことはしっかり、そして着実に、皆様の声を届けてまいります。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 16:11 | comments(0) | - | - | - |
魂の憩いの場を作りたい。

 

雨降りですね。

 

6月定例会最終日から一夜明け、今日は千葉県立特別支援学校市川大野高等学園を訪問させていただきました。

 

4つの職業学科と9コースの専門学科があり、将来の社会的・職業的自立を目指して教員・学生ともに頑張っていることがわかりました。

 

特にデュアル実習システムには感銘を受けました。

 

デュアル実習とは授業として先生が同行、わからないことを先生が聞くのではなく、生徒が問題にぶつかったときに「どのように質問すべきか」「どう解決すべきか」後押しをする形。

 

地域の多くの企業が理解をし、パートナーとして学生たちを受け入れていて、まさに地域共生が学園の周辺で起きていると感じました。

 

その他ハートオン相談室である相談支援事業所、中核地域生活支援センターほっとねっとなど多くの関連法人を訪問。 多くの出会いに新たな気づきを得ました。

 

先日も記載しましたが、私は地域活動として車椅子レクレーションダンスのインストラクター兼会長を務めています。

 

活動の中で保護者の皆様から、親亡き後の子供たちの居場所づくりについて多くのご意見をいただきます。

 

さらに障がいをもつ人は年々増加傾向にあり、その受け皿の整備、活躍の場づくりは課題です。

 

コロナ禍での影響で景気が冷え込み、企業も採用等抑え始める可能性も。

 

残念ながら障がい福祉は市ではなく県の守備範囲。市議会でいくら意見を言ってもうどんやの窯となってしまいがちです。

 

議会で意見を伝えるだけではなく、現場でしっかりと自己肯定感を持ちつつ、彼らが活躍できる受け皿を作っていきたいと思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 05:20 | comments(0) | - | - | - |
議会最終日。ウンもついたのできばって頑張ります。

新型コロナウイルスの影響で短縮&分散だった変則の6月定例会も最終日となりました。

 

この間松戸市当局は市民の為に奮闘努力されていました。心からの感謝をしたいと思います。

 

引き続き市民からのご意見も受け付けています。

 

しかし、頂いたご意見の中で現実的でないこと、市全体を考えて全体最適と思えないことに関しては、有権者に対してもしっかりと言いたいことを言わせてもらいます。ご了承ください。

 

議会最終日朝。 スーツ、おろしたてのワイシャツを着たあと末っ子のおむつを何気なく変えようとしたら大量のウンちょす。

 

おろしたてのワイシャツにウンちょすがついてしまう。

 

朝からウンがついたということで、自分の中でどうにか納得する。

 

ウンもついたのできばって頑張ります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 05:05 | comments(0) | - | - | - |
オスばかりの男子校。

 

子どもたちが実家のご近所さんからカブトムシをもらってきました。

 

カブトムシはつがいで飼うと、交尾してオスはすぐ死ぬと去年教えたのを覚えていたらしく、オスばかりの男子校。

 

全寮制男子校出身者として、恋を知らないでカブトムシが死ぬのも不憫なので、7月過ぎたらメスを探してあげようと思います。

 

大好きな夏がそこまで来ています。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 04:23 | comments(0) | - | - | - |
親亡き後の子供たちの居場所

 

本会議から一夜明け休会日の今日は流山特別支援学校訪問。 「社会自立・職業自立を目指し、自ら学び、 自らを磨き、自らを高め、自分の未来を切り拓く生徒の育成」を教育理念を掲げ、職業訓練だけではなく生活指導なども大変充実し、素晴らしい学校だと思いました。

 

私は地域活動として車椅子レクレーションダンスのインストラクター兼会長を務めていますが、保護者の皆様から、親亡き後の子供たちの居場所づくりについて多くのご意見をいただきます。

 

さらに障がいをもつ人は年々増加傾向にあり、その受け皿の整備、活躍の場づくりは課題です。

 

コロナ禍での影響で景気が冷え込み、企業も採用等抑え始める可能性も。

 

市議会で意見を伝えるだけではなく、現場でしっかりと自己肯定感を持ちつつ、彼らが活躍できる受け皿を作っていきたいと感じています。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 15:40 | comments(0) | - | - | - |
MAD市立コロナカ小学校

ここはMAD市。

 

とある男により奇病が蔓延したことにより、ソーシャルディスタンスが求められている、コロナカ町会にあるコロナカ小学校。

 

奇病の影響によりコロナカ小学校ではA・B班と分散登校となることを各クラスの代表・先生で結成される学校運営委員会で全会一致で決めましたが、分散登校初日、教育を受ける権利を主張する、とあるわがまま男子「谷外君」が分散ルールを守らず登校してしまう。

 

担任の谷口先生が「分散は強制ではないのですが、こういうご時世ですから分散登校に協力していただけませんか?」と谷外君にやんわり伝えると「教育を受けるのは権利ですから!」と校舎に入り込み教室に居座ってしまう。

 

ソーシャルディスタンスを守れないため、本来教育を受ける権利があった両隣の生徒は泣く泣く教室を退席。

 

「でもこういう時期ですから…自分の権利主張だけではなく誰かが全体を考えて我慢しなきゃ…」退席した生徒は涙をこぼし震えながらこうボソリとつぶやいた。

 

仲間の生徒たちは怒りに震えたが、そのわがまま男子は以前から「谷外通信」という学校新聞を作成、自分が気に入らない生徒・先生の揚げ足を取るために嘘八百、誹謗中傷を書いては町内にばらまいていた。

 

その影響力はコロナカ小学校のウィキリークスと呼ばれるくらいで、残念ながら怖くて誰も彼に面と向かって意見できる生徒も先生もいなかったのだ。

 

先日も奇病によって疲弊する家庭のためにできることはないかと残業して頑張っていた先生方に対して「残業代は不当利得だ!」という記事を書いて町内にばらまいたていた。

 

担任の谷口先生も困って再度「分散は強制ではないがどうしますか?」と谷外君を問いただしたが、彼はドクター中竹の作ったスーパーウーマンをつけて「教育を受けるのは権利ですから!」と居座りつづけた。

 

でも生徒たちの怒りは沸点を超えつつあった…。

 

各クラスの代表・先生で結成される学校運営委員会で「民主的」に全会一致で決めたことになんで従えないのか?

 

「そんな勝手なことが許されるのか?!」

 

「なんで彼の権利だけ守られて二人の権利は守られないの??」

 

見かねたクラスの仲間は、学園のアイドルみやこ学級委員長を中心にとうとう立ち上がった…。

 

どうなる?コロナカ小学校?!

 

続く。

 

※この物語はフィクションです。実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 06:38 | comments(0) | - | - | - |
「馬鹿につける薬はない」ということわざ

昨日は「馬鹿につける薬はない」ということわざを思い出しました。

 

議会運営委員会で、民主的に多数を持って決した要請に従わず、自分がルールだと盲信し他者を振り回すのは民主的ではなく独裁的。

 

議会の同僚議員だけならまだしも、新型コロナ対策に奮闘する職員さんたちも振り回し、結果として市民の不利益を生み出し、命と家族の次に大切な他者の「時間」も奪っているということに気づかないものなのか?

 

残念ながらワクチンも治療薬もないからソーシャルディスタンスをとってできるだけ関わらないようにするしかありません。

 

みなさんもしばらく私からは離れてください。

 

先天性舌禍症候群に感染する恐れが…。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:10 | comments(0) | - | - | - |
アベノマスク〜バッテンがついてました

 

アベノマスク来ました。 異物は混入されてませんでしたが、バッテンがついてました。

 

余計なことを言わず黙っとけという政府の意図を感じます。

 

というのは冗談でマスクの増産、首相のマスク配布の発言で不埒な転売業者が在庫を放出しはじめ、マスク価格は下がり、市場で当たり前のように購入できるようになりました。

 

また海外でパロディー動画まで作られ馬鹿にされたマスク配布ですが、海外でも同様の施策を取った国も多数出ており、その習慣のなかった欧米人もマスクをしはじめています。

 

海外では日本の施策と日本人の優秀さが改めて高く評価されてます。

 

バッテンは取り第二波、三波に備え大切に保管させていただきます。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:04 | comments(0) | - | - | - |
A班、B班と分かれ密をさけ分散議会

 

松戸市議会6月定例会はA班、B班と分かれ密をさけ分散議会です。

 

会期も短縮。 新型コロナ対応で職員さんは連日激務。出された議案は決算でしっかりと検証はしますが、今は答弁作成、対面でのやりとりなど可能な限り避け、職員さんに新型コロナ対応に専念してもらいたいと思います。

 

市民から頂いたご意見は随時担当課に伝えます。

 

新しいことを始めましたがいろいろ難しい問題が。ハラハラドキドキ。でも生きてるという実感。頑張って新しい価値を生み出したいと思います。

 

ステイホームの際妻が植えた庭のニガウリの花もきれいに咲きました。

 

全ての生き物ががんばって生きてる。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:03 | comments(0) | - | - | - |
新しい生活様式に取り組む中小企業等応援金

「新しい生活様式に取り組む中小企業等応援金」が申請受付開始されました。

 

地元中小事業者への松戸独自の支援策として個人事業主5万円、中小企業10万円の応援金の給付となります。 リンク先から申請用紙をダウンロードしてお申し込みください。

 

「新しい生活様式に取り組む中小企業等応援金」 https://www.city.matsudo.chiba.jp/jigyosya/chushoncov/ouen.html

 

特別定額給付金もぞくぞく振り込まれたとの声をきいています。

 

感染症対策をしっかりしつつも、経済活動、教育とあらたな生活様式を取り入れつつも元気よく頑張りましょう!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 18:38 | comments(0) | - | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode