Page: 1/87   >>
命の洗濯〜山梨にキャンプいってきました。。

柏市議会議員選挙は残念な結果となりました。

 

 

期間中は本当にお騒がせし本当に申し訳ありませんでした。

 

新人には狭き門とはいえ、「選ばれる」ことは本当に大変なこだと三期目の議員ながら改めて感じました。 自身も身を引き締めて、自らが暮らす地域のためにさらに汗をかいてまいりたいと思います。

 

さてしばらく妻や子供をほったらかしてたので、罪滅ぼしに山梨にキャンプをしに来ました!

 

 

自然の中で家族と過ごし命の洗濯をしましたとさ。

 

娘の夏休みの宿題だった夏野菜を使っての料理や絵日記もこれで完璧でしょー!

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
河原塚南山自治会のサマーフェスティバルに!

 

柏市議会議員選挙から一夜明け、朝から河原塚南山自治会のサマーフェスティバルに子供たちとおじゃましています。 紙芝居、流しそうめん、スイカ割り、オリンピック音頭と地域の皆様と楽しませて頂きました!

 

妻が会社の同僚たちとの女子会のため、帰ってから上の子と夏休みの宿題を一緒にやってから、夜はムード歌謡グループ「山田修とハローナイツ」の稽古です。

 

 

今年も矢切ビールまつり出演させていただきます! 是非お誘い合わせの上、お越しください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
柏市議会議員選挙〜あやべ正太郎!若き力と可能性に託してください!

 

柏市議会議員選挙が始まり、ほぼ毎日新人候補である「あやべ正太郎」の応援に入りました。

 

候補者本人はこの期間中300回以上。どの候補者よりも街頭に立って柏市に対する思いを訴えてまいりました。

新人ではありますが、直前まで現・復興大臣 渡辺博道大臣の秘書も務め、秘書時代には、中央省庁をはじめ、県政や国政に力を尽くす方々と共に働きました。

 

この強固なネットワークと、フットワークの軽さが、あやべ正太郎の持ち味のひとつであり、 さらには学生時代には(私も所属していた)三木武雄元首相などを輩出した「明治大学雄弁部」に所属。仲間と共に研鑽を積んでいたころの、当時のリーダーシップや実直さは今でも変わりません。

 

定数36人に48人の立候補という大激戦。現職有利となり、新人候補には本当に厳しい状況です。

 

どうか柏市民の皆さまでまだ投票先を決めていない方がいましたら、様々な課題の山積する柏市行政に対して20年後、30年後を見据えて腰を据えて、 その課題に取り組める32歳の若き挑戦者「あやべ正太郎」へ、

 

皆様の貴重な一票を託していただけますよう心からお願い申し上げます。

 

若き可能性と未来にかけてください。

 

令和という新たな時代の幕開け、新時代にふさわしい候補者を本日の天気のような曇りなき眼でご選択ください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本市施策におけるEBPMの推進について

 

近年、本市の政策形成・提案の場面において、結果ありきで、その結果のために、実現可能性が不透明な根拠・費用やその成果が記載されている、 ともすれば、実効性に欠けるような施策が立案・最終的には議会に提案されてしまっていると感じることが多々あります。

 

そこで6月議会では本市施策におけるEBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)について質問させていただきました。

 

EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)と対比される言葉に、PBEMという言葉があります。 PBEM・・・これはPolicy Based Evidence Making、つまり「立案された政策に合わせて、エビデンスを作り上げてしまうこと」です。

 

さらには、実際には一定方向を示さない結果がある中で、立案された政策と整合的な実証結果のみを選択的に引用するのもPBEMであります。

 

近年本市の政策立案がPBEM「立案された政策に合わせて、エビデンスを作り上げてしまうこと」に陥ってしまっているのではないかと非常に危惧しています。

 

EBPMでは、客観的なエビデンスを社会科学的な手法により分析することで、政策とその効果の間の因果関係について、従来よりも信頼性の高い評価結果を得ることを目指します。

 

問題のある政策や予算執行を行政が推し進めようとするときに、それに歯止めをかけられるのは議会だけなのでしょうか?自助作用によりその間違った政策や予算執行に歯止めをかけることも、やはり、行政の重要な役割だと私は考えます。

 

そしてその基礎となるべき合理的判断の重要な土台がEBPMであり、政府統計のオープン化や計量手法の進展に伴い、ミクロ単位のデータを用いた実証分析がしやすくなったこともその導入機運を後押ししています。

 

答弁では、平成29年から日本政策投資銀行との間で締結した地域経営に関する包括的パートナーシップに基づき、事業の実行可能性等の調査分析業務を同行に委託、外部の専門家の知見なども取り入れつつ、EBPMの視点をふまえた政策立案を推進しているとのことでした。

 

そのこと自体は評価いたしますが、その対象は予算事業に限りません。 EBPMは、政策、施策、事務事業等の目的を明確化し、政策目的とその手段との関係を分析し、統計等のデータを用いてチェックを行い、政策の妥当な実施と次の段階に向けた改善を継続的に可能とするためのツールでありますから、本来的には松戸市行政機関における全ての活動が対象となり得ます。

 

限られた政策資源を有効に活用し、松戸市民により信頼される行政を展開するために、今後、EBPMを適切に推進していくべきだと考えます。 是非調査研究を進めていただき、本市政策の施策効果の向上を図っていただきたいと思います。

 

最後に、総務省において「Data StaRt(データ・スタート)」というサイトが、令和元年5月30日に開設されました。 これは、地方公共団体のためのデータ利活用支援サイトで、「科学的根拠で政策を考え、効果を確かめる」第一歩を支援するものです。

 

質疑でも述べました通り、EBPM(証拠に基づく政策立案)の取り組みが推進されており、国はもちろん地方公共団体においても、統計データの利活用が注目されています。

 

「地方自治体が抱えている、現状や政策課題をすばやく的確に把握したい」

「有効な対応策を選び、その効果を科学的に検証したい」

「でも、どのように取り組みを進めればいいか、わからない」

 

ときなどに対し、 これまでの優れた実例や、専門家のアドバイス、役立つツールなどの情報を発信し、地方公共団体で実際に政策づくりや企画に携わったり、課題を抱える方を支援すべく、具体的な情報が収集できるようです。

 

まだ、開設されたばかりであり、実例などは今後、より集まっていくと思いますので、このサイトの活用の可能性についても是非検討していただきたいとも思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
松戸市消防団 夏季特別訓練大会に出場!

 

令和元年度 松戸市消防団 夏季特別訓練大会に東部方面隊第32分団、指揮者として出場。激戦の小型ポンプAブロックで三位入賞という結果になりました。

 

近年各分団の操法技術が向上していることを感じます。残念ながら優勝は逃しましたが、この悔しさをバネにまた訓練に励みたいと思います!

 

大会のために3月から訓練をはじめ、選手、手伝いメンバー共々本当に頑張りました。この過程で生まれた絆がいざというときの地域防災に繋がるのだと思います。

 

引き続き議会でも、地域でも頑張りたいと思います。

 

大会終了後すぐ会長を務める車イスレクダンスボランティアに。昨日は聖徳大学の社会福祉学部の学生さん二人も参加してくれ、楽しく過ごしました! 今日は朝から熊野神社氏子で神社清掃。夕方から警察ボランティアにて新松戸祭り見回りです。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
本市施策効果の向上を目指して〜ナッジの導入について

 

市民ニーズの多様化・高度化が進むなか、政策実行にあたっては限られた資源から最大限のアウトプットを生み出すことの重要性がますます高まっています。

 

「ナッジ(nudge)」とは、もともとの意味は「そっと後押しする」ということであり、選択肢の制限や経済的なインセンティブを大きく変えることなく、自分自身にとってより良い選択ができるように人々を手助けする、 個人の意思決定の自由を尊重しながら、少ない財政コストで、社会的により良い選択を促すことができる、行動経済学の知見を用いた手法の1つであります。

 

ナッジは、環境・エネルギー、健康・医療、教育、徴税等の様々な社会課題の解決に適用しうるものとして、イギリスやアメリカなどでは政策に応用するための専門チームが設立され、公共政策での活用を推進しているようです。

 

例えば、英国では2010年に英国歳入関税局と連携して実施した実証実験では、納税通知書に同じ地域に住む住民の納税率を記載することにより、その納税率を見た滞納者の義務履行意識が高まった結果、地域全体の滞納率が減少することがわかりました。

 

この実証実験を踏まえて、ナッジを用いたメッセージを納税通知書に記載することを2012年に決定し、年間およそ2億ポンドの税収の増加を実現したそうです。

 

平成29年度のノーベル経済学賞の受賞分野が行動経済学となったこと等も後押しとなり、環境省をはじめとして、我が国においてもこの手法を活用しようという機運が出てきています。

 

そこで、6月定例会では本市の公共施策へのナッジの導入についての見解を質問いたしました。

 

新しい政策手法のため、答弁はあまりいいとは言えませんでしたが、海外や国で始まっている新たな政策手法を、松戸市の職員さんに知ってもらったことには意義を感じています。

 

意識が高い職員さんや、若手の職員さんたちにもっともっと勉強していただき、新たな政策手法にチャレンジしていただくきっかけになれば嬉しいです。

 

是非動画をご覧ください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
参議院選挙〜今日の天気は変えられないけど明日の日本は変えられる!

 

先日は麻生副総裁をお招きしての豊田としろう個人演説会に多くの市民の皆様にお越し頂き、本当にありがとうございました!

 

連日豊田としろう候補の応援に入っています。 写真は自民党松戸地域支部青年局メンバーと豊田としろう候補での街頭演説会です!

 

第一次安倍内閣の参議院議員選挙において、自民党は大敗。 ねじれ国会となり、出される法案の多くが参議院で否決。物事が進まなくなり、政治は不安定化しました。

 

相まって起きたリーマンショックの影響で日本はデフレ化での不況という史上経験したことかない状況へ突入。 政権も変わり、結果として我が国は長きに渡る不況から抜け出せない状況となりました。

 

大卒の就職率は約60%を切り、有効求人倍率も約0.5。働きたくても仕事がない。 そしていわずもがな、当時の民主党政権では「船頭多くて舟進まず」全く物事が進まず、それどころか、外交はじめとして国益を損ねることばかり重ね、何の実績も残さず下野しました。

 

野党は批判をしますが、自民党政権に戻り、現在の有効求人倍率は1.16にまで回復。大卒の就職率も約98%と過去最高水準。 人口減少下においてもGDP約50兆円増大させました。

 

悪夢の時代は参議院議員選挙にて「ねじれ」が起きたことから始まりました。

 

この参議院議員選挙では現有二議席をしっかり確保しなければ安定した政治は行えません。

 

あの悪夢の時代を再び繰り返さないためにも、千葉選挙区では「豊田としろう」とお書きください! 日本の未来を切り開くのは政治家ではありません。皆さんの投票行動です!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小学校の読み聞かせボランティアに。。

河原塚小学校読み聞かせボランティアに参加。 どんな本にしようか迷いましたが、日本の昔話にしようと思い、「はつゆめはひみつ」「かさじぞう」に。

 

子どもたちの感想を聞くと概ね好評でしたので、ほっとしました。

 

その後、河上県議のお誘いで千葉県県警本部を視察。

 

交通管制センターや情報管理センターなど実際みることができて非常に勉強になりました。

 

 

あいにくの天気が続きます。ただこの雨が多くの植物を育むのだと思い、晴耕雨読で日々頑張ろうと思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
家庭教育学級にて「親のための性教育」を学ぶ

 

週明け月曜日。午前中は子育て支援課から放課後児童クラブの様々な課題についてヒアリング。

 

本年度から補助事業ではなく、委託化がはじまり、特に運営事業者が変わった放課後児童クラブの法人や保護者からも様々なご意見をいただきます。 委託化からまだ三ヶ月ですので、まだ様子を見る必要があると思いますが、法人、保護者、市、学校と「架け橋」として様々な思いが一つになるよう調整役となり、よりよい子どもたちの放課後の居場所作りのために汗をかいてまいります。

 

午後は河原塚小学校家庭教育学級に参加。 市の母子担当保健室の保健師さんをお招きして「親のための性教育」について学びました。

 

男親が一人の中、「パパとママもセックスしたの?と聞かれたらどう答えるべきか」「お風呂はいくつまで一緒にはいる?」などなど、子供にどう伝えたらいいかわからないことなど、地域のママさんたちと意見交換などをしました。

 

PTAはあくまで任意団体ですが、家庭教育学級は、市の予算を使い、小学生の保護者同士が家庭教育や家庭のあり方について、学校と連携しながら学年の枠を越えて話し合い、交流し、豊かな人間関係づくりを基盤にして、自主的、集団的、継続的に学習する場として開設されています。

 

実際小学生の親になって、参加していい事業だなと感じています。

 

夜は消防団訓練です。雨の予報でしたがやんだようです。希代の晴れ男の本領発揮ですな。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
健康福祉常任委員会〜福祉人材の確保策について

先日は所属する健康福祉常任委員会。

 

付託された議案はありませんでしたが、所管事務調査として委員全員で取り組んでいる「福祉人材の体制強化」について議論。

 

まずは、介護保険課、障害福祉課から現在の人材確保の取り組みについてヒアリング。

 

その後のフリートーキングにて、福祉人材体制強化だと範囲が広すぎるので「高齢者、特に介護保険に関係する範囲にテーマをしぼるべきではないか」さらには「特連協はじめ、様々な団体から現場の生の声を聞くべきではないか」など意見を伝えさせていただきました。 強者揃いの松戸市議会において、健康福祉常任委員会のメンバーは比較的温厚で、穏やかなメンバーが多いので、超党派でのこれからの取り組みに期待が持てます。

 

 

さて今日はグリーンライオンズクラブ、少年警察ボランティアの活動として、ヤング街頭キャンペーンのため松戸駅に来ています。

 

違法薬物の問題が芸能界を賑わせていますが、若者たちにも蔓延しているという話をよく耳にします。 一度手を出したら人生そのものを失う違法薬物を松戸市内に蔓延させないために、できることを取り組んで行きたいと思います。

 

今日はその後、評議員を務める社会福祉法人松栄会の評議員会、懇親会。

 

忙しい日が続きますが、利他の心で頑張ります。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode