Page: 1/90   >>
松戸警察署長より感謝状を頂きました!

 

本日松戸警察署にて松戸警察署長より感謝状を頂きました!

 

いつもいつも警察ボランティアの先輩方におんぶに抱っこで、この感謝状を頂いたのも他のボランティアの皆様のおかげだと思います。

 

このことを誇りに、議会でも地域でも青少年の健全育成のために頑張りたいと思います。

 

午後は市民から頂いた相談の対応のため庁内を行脚。夜はライオンズクラブ五クラブ合同例会です。

 

ここ何日か朝早いので眠い・・・。そして原付で移動してるので寒い・・・。

 

血が南国だからか寒いのがどうにもこうにも苦手です。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:29 | comments(0) | - | - | - |
消防出初め式!寒がった〜涙

 

連休2日目は朝から消防出初め式に!寒がった〜涙 午後は福祉大会、沢山の友人・知人が表彰され、誇らしく思いました!

 

夜は熊野神社の氏子新年会と消防団分団の新年会のはしご。

 

地域の皆様との懇親の中で様々なご意見を頂きました。

 

一夜明け今日は成人式。外に出ると晴れ着姿の新成人が。

 

いやぁ。いいもんですな。今日も頑張りましょ〜。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:27 | comments(0) | - | - | - |
献血お願いします!グリーンライオンズクラブの活動です!

 

連休初日は所属するグリーンライオンズクラブの献血例会。

 

献血の呼びかけだけではなく、自分も400cc献血しました!

 

午後は車椅子レクダンスふれあい教室に。障がいを持つ方や、高齢者の皆さんと楽しい時間を過ごさせて頂きました。今日も沢山の笑顔に出会いエネルギーをもらいました!

 

夜はそのまま車椅子レクダンスボランティアのメンバーと新年会。徐々に新たなメンバーも増え世代交代も進んでます。 この素晴らしい取り組みをオリパラ後も次世代に紡いで行くために、あと少し会長として頑張りたいと思います。

 

毎月第二土曜日14時からふれあい22三階ホールにてふれあい教室も開催しています。

 

ご興味ある方は遠慮なくお越しください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:18 | comments(0) | - | - | - |
いやされるわー。今年もよろしくお願いいたします。

 

年末年始のバタバタで投稿が滞る。

 

今日は何件かの挨拶まわりののち、商工会議所にて松戸市賀詞交換会に出席。 夜は消防団で年末年始特別警戒。

 

帰宅して末っ子の顔を見る。 癒されるわ〜。 なんだかんだと元気に頑張ってます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:13 | comments(0) | - | - | - |
市街化調整区域内(5中)におけるマンホールトイレの整備について

 

千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号、そのわずか1か月後に、再び大型で強い台風19号が襲い、列島では多くの被害がありました。

 

さて平成28年12月定例会、さらには、本年予算審査特別委員会にて、市街化調整区域内にある学校(5中)のマンホールトイレの整備について質問を行い、現在までに、交付金による事業実施に向け、千葉県と協議を行っているとの答弁をもらいました。

 

東部地域の中心の避難場所になるであろう、5中におけるマンホールトイレの整備は、災害時に非常に重要です。 5中は市街化調整区域内ではありますが、正門の前まで下水道が敷設されているうえ、正門を入ってすぐのところに避難所になる体育館があります。工夫次第では予算圧縮も可能かと思います。

 

そこで12月議会では、市街化調整区域内にある学校のマンホールトイレの整備の検討の進捗について質問いたしました。

 

答弁では、県を介しての国との協議の結果、下水道事業認可区域外となっている場所でも、事業認可区域の拡大についての理解が得られ、地震対策事業により、マンホールトイレの整備ができる見込みとなったと明確に答弁がありました。 さらには来年度速やかに、現計画の変更を行い、当該事業に着手する予定とのこと。

 

長年の地域の懸案が一つ前に進みました。 さらには広く防災対策という意味で言えば、松戸市では同行避難を推奨しているにも関わらず、先日の台風の際には全ての避難所でペット同行できなかったようです。 ペットをつれていけないなら、自宅の2階に残ろうと、家族と決断したと、とある市民からご意見をいただきました。

 

私はペットを飼っていないのですが、ペットが家族の一員であるという考え方が定着してきたことを考えれば、さもありなんと納得いたしました。 匂いや吠える声、アレルギーなどペットを飼っていない方への配慮が必要なことはもちろん承知しておりますので、全ての避難所とは言いませんが、予め何ヶ所かペット可の避難所を決めておくことや、避難所の中でスペースを分けるなど、できることはあるように思います。

 

市としてガイドラインを定めマニュアルを作成、公開しておいていただけると、いざという時に飼い主も受け入れる側も慌てず適切に動くことができるのではないかと思います。市として検討してもらうことを要望しました。

 

また、先日行われた、松戸市一斉の総合防災訓練で私は河原塚第一町会の一員として避難所開設、グリーンスローモビリティ試乗のドライバーなどお手伝いをさせて頂きましたが、お忙しい中、本郷谷市長はじめ、市の幹部のみなさんも河原塚小学校に来ていただき、実際の避難所をご視察頂きました。

 

その場でも意見交換をさせていただきましたが、河原塚小学校だけではなく、避難所に指定されている小中学校では防災機能の強化が求められています。

 

多目的トイレ、段差解消などのバリアフリー化、自家発電設備などまだまだその対策が足りていない箇所も見受けられます。

 

是非今回の実際の避難所視察で課題と感じられたことなどを、今後の避難所の防災機能の強化に生かしていただきたいとの要望も出させていただきました。

 

是非動画をご覧ください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:04 | comments(0) | - | - | - |
不登校児童・生徒の支援〜学校以外での学習の場の必要性について

 

不登校やさまざまな問題に悩む児童生徒や保護者の心理的ケア、家庭や地域との連携協力のもと、基本的な生活習慣や規範意識を培っていくとともに、自己肯定観や思いやりなど、道徳性の育成を通して、彼らの成長を育むこと、 さらには横並び、画一的な義務教育である「学校」という場所に無理やり彼らを戻すのではなく、今は不登校だとしても、最終的には自立して社会の一員として世の中に貢献できる人材を如何に送り出していくのか? そういった多様性を育む教育が今に求められていると強く感じています。

 

さて、教育機会確保法の施行から2年以上たちましたが、文科省より不登校の子どもへの支援として、学校以外での学習の場の必要性を明記した通知が出されました。

 

学校復帰を前提としていた過去の支援の在り方を見直し、フリースクールなど民間教育施設の意義なども明記され、その基本的な考え方として「学校に登校する結果のみを目標にするのではなく、児童生徒が自らの進路を主体的に捉えて、社会的に自立することを目指す必要がある」としています。

 

こういった動きを踏まえて、次年度に向けて本市の不登校児童生徒への支援をどうしていくのか? 12月議会では次年度に向けた市教委の取り組みを質問いたしました。

 

先日公表された文部科学省の統計では、経済的理由や病気以外によって年間30日以上欠席した「不登校児童生徒」の数は、平成30年度に初めて全国で16万人を超えたそうです。 少子化傾向にあるにもかかわらず、その比率は多くなっていることに驚きを隠せません。

 

ヒアリングの中で松戸市においても過去5年間の不登校児童生徒数は増加傾向であり、これに伴い不登校率もあがっているとのことでした。 これからの社会のけん引役となりうる子どもたちが、不登校で不利益を受けて、活躍の場を失うことは大きな社会的損失だと思うのは私だけではないと思います。

 

本市で現在行われている、訪問相談員によるアウトリーチ型の支援、「適応指導教室ふれあい学級」スクールソーシャルワーカー配置事業など、不登校児童生徒への支援の取り組みについては大いに評価をしつつも、 「不登校児童生徒への支援の在り方について」の通知では、不登校の子供が民間教育施設で、適切な指導を受けていると判断した場合、校長判断で出席扱いにできることとしており、学校復帰が前提であった過去の支援の在り方を見直し、フリースクールなどの民間教育施設の意義も明記されました。

 

不登校児童生徒の支援は大きな転換期を迎えたと言えます。 通知ではさらに、学校教育になじめない子供の要因解消を求め、不登校の子供を組織的に支援するため、学校・教育委員会が中心となって支援シートを作成すること、さらにはフリースクールなど民間教育施設との連携した教育支援センターの整備なども求めています。

 

学校復帰が前提ではなく、児童生徒が自らの進路を主体的に捉え、社会的に自立することを目指すという基本理念を念頭において、教育委員会内で議論を重ねていただき、不登校児童生徒への新たな支援体制の構築を検討していただくことを強く要望いたしました。

 

是非動画をご覧ください!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:07 | comments(0) | - | - | - |
松戸市におけるPPP・PFI手法の活用について

 

人口減少時代を迎えた我が国において、公共サービスの提供、公共事業の実施に係る諸課題は、従来の行政手法だけでは解決できない状況にあり、構造転換の時期を迎えているといえます。

 

その解決方法の一つとして、民間のサービス・ノウハウ及び資金を活用するなど、官民双方の連携による公共サービスや公共事業の推進があります。

 

近年では、官民協働(PPP/PFI)について政府が明確な数値目標を掲げ、財政面、制度面で積極的な支援等もあり、対象とする事業やその範囲・規模が拡がりつつあり、本市においてもいくつかの事業でその手法を採用した経緯があります。

 

PFIの導入により、事業コストの削減、より質の高い公共サービスの提供が可能になると言われており、さらには、地方債の起債制限により、その一部を初年度に一般財源より調達することが必要となる大規模事業・再開発などの大きな財政出動を伴う事業の、初年度に支払う必要のある一般財源分を延払いするスキームとして、特に財政状況が厳しい地方公共団体においては多くのメリットがあるとされています。

 

しかし、PFI事業が生まれた本場のイギリスでは、費用が想定より多くなってしまう、契約期間が長期になってしまい契約変更が自由にできない、民間事業者の過剰利益や収益性の透明性の欠如、PFI事業者に都合がいい事業手法の選定がされ自治体の意向が反映されづらい、民間の収益が低ければ公共サービスを維持できなくなる、などなど多くの問題から、今後PFI手法を用いないことを表明しています。

 

本市においても新松戸地域学校跡地有効活用事業、松戸市立小中学校空調設備整備、直近では議会で否決をされましたが、東松戸まちづくり用地活用事業などで当初その手法が活用されました。

 

また、「広義」の意味で言えば、市民センターなどの指定管理事業すべてPPP事業と言えますが、社会的要因もあるとはいえ、本当に事業コストが下がったのか?

 

さらにはより質の高い公共サービスを市民に提供できているのか?など様々な議論があります。

 

12月議会では本当に官民共同事業・PPPやPFIという手法でより事業コストが下がるのか?

 

さらにはより質の高い公共サービスを市民に提供できるのか?

 

松戸市がこの手法をどうとらえ、今後いかに活用していくのか質疑をいたしました。

 

是非動画をご覧ください!

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 21:52 | comments(0) | - | - | - |
東部支所機能移転について〜東松戸複合施設の住民説明会

 

12月議会が終わりました。 今日は朝から氏子の一員として河原塚熊野神社の清掃。

 

その後河原塚南山町会の餅つき大会に。地域の皆さまとの触れ合いに心癒されました。

 

その後東松戸複合施設の住民説明会に。

 

まだ市立病院の建替問題で市政が混迷としていた際、し尿処理施設・清掃関連施設が多数ある東部地域において、NIMBYと絡め、今後住民増加、行政需要が増える東松戸駅周辺・・・すまわち病院建設予定地に支所機能を移転すべきだとどの議員より早く主張し、早7年以上の時がたちました。

 

その過程で、東松戸地区での街づくり用地活用事業において、土地の坪単価の約半分の価格で土地を売却すること・・・すなわちPFI事業者(民間事業者)の過剰利益に対する疑義、 さらにはその地域に本当に必要とは思えない、地域住民の意思に反する高齢者住宅を併設するという市の提案に対して、事業手法の見直しを行ってほしいという思いで、議会として約11億3千万円の債務負担行為を修正削除した経緯もありました。

 

しかし、今日の説明会では、令和3年12月には供用予定、支所機能は移転され、図書館の地域館も併設される地域にとって素晴らしい施設になるだろうということが確認できました。

 

計画はあれど止っていた、都市計画道路3・3・7号線河原塚区間の延伸も事業決定され、用地買収が進んでいます。

 

さらには市内の駅だけではなく様々な場所でのバリアフリー化も初当選のころよりも格段に進んでいます。

 

約10年前、市議会に出馬する際に訴えていたことが、あらかた前に進みだしています。

 

父の病状も徐々に回復に向かい、母と復縁、同じ町内に住宅も購入、子どもも3人産まれました。

 

そんな中、今後どのように議員として活動していくべきなのか?

 

あまり上昇志向はないので、もしかしたら議員という立場で、地域や社会に貢献するという役割はすでに終えたのではないのか?

 

もっと広い意味で言えば今後どのように生きていくべきなのか?

 

いろいろ考えています。

 

人生の岐路とはこういうものなのでしょうか。

 

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 21:49 | comments(0) | - | - | - |
消防団東部方面隊合同訓練に参加。。

 

金曜日は一般質問の原稿の推敲や担当課の方との意見交換。

 

土曜日は朝から東部方面隊合同訓練。行進訓練、可搬ポンプ・ポンプ車操法確認、最後には建物火災を想定した水出し訓練をしました。 酷い腰痛でしたが、ホース展張、結合を担当。なんとかうまくいきました。。

 

というのも、小学校2年生にしては体が大きい(クラスで男の子も含め一番背が高い!?)長女を抱えたら人生初のぎっくり腰に。。こんなに痛いものだとは思ってませんでした・・・。

 

明日は末っ子次男の誕生日ですし、ラグビー明早戦(明治大学卒業生は早明戦とはいいません)もありますので、終日予定をお断りし、ゆっくり一般質問の原稿を推敲、要望などを考えながら過ごしたいと思います。

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 12:05 | comments(0) | - | - | - |
市民の皆様が通ってきた同じ道、同じ幸せを、同じ苦しみを。

 

さて、今日は朝から12月議会の議案説明会でした。14件の議案が各常任委員会に付託され議論されます。 明日は一般質問の通告日。市民から頂いたご意見をしっかり行政に投げかけたいと思います。

 

さて今日は長女の8歳の誕生日。我が家では経費削減のため、毎年スポンジケーキとホイップを購入し、みんなで誕生日ケーキを作って食べます!

 

娘が生まれて8年。本当にあっというま。可愛い娘なのは変わりませんが、成長して最近少し生意気になりました・笑

 

 

市民の皆様が通ってきた同じ道を。同じ幸せを。同じ苦しみを。

 

だからこそ皆さんと同じ目線で議会で発言できるはずだと信じ、12月議会も頑張ります!

| 松戸市議会議員 松戸だいすき!鈴木だいすけ | 11:40 | comments(0) | - | - | - |


やさシティまつど 公式ホームページ
やさシティまつど 公式ホームページ


だいすけチャンネル



Profile



Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

松戸だいすきなツイート♪

鈴木だいすけフェースブックファンページ♪



松戸市からのお知らせ

FeedWind

松戸市議会議員鈴木だいすけLOVEMTD48メルマガ♪

参加メールアドレス
退会メールアドレス

鈴木だいすけチャンネル

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode